『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=99865)

EID=99865EID:99865, Map:0, LastModified:2017年12月4日(月) 13:52:45, Operator:[[ADMIN]], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[山田 仁子], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.総合科学部.人間社会学科.言語文化講座 [継承]
著者 (必須): 1.山田 仁子 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.英語圏分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Emergence and Development of Similarity  (日) 類似性の発見と展開   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 人がさまざまな物を知覚し,さらに深く理解しようとする時,その手がかりとしてすでによく知った物の中に似た物を探し出そうとする.本論文ではこのような思考が見られる文例を,収集分析し,人が類似性をどのように発見し,発展させて理解に役立てているのかという問題を探った.結果,人が異なる物の間に類似性を見いだす際には構造的類似が総合統一的に捉えられること,また,類似する物として想起された物は,想起された時点の構造のままとどまることはなく,類似点を増やす方向で膨らみ発展していく.また相違点が目立つようになれば,他の新たな類似する物が探し出される.類似性発見によるなぞらえ,つまりアナロジーは,こうして発展し変化していくのである.   [継承]
キーワード (推奨): 1.認知機能 (cognitive function) [継承]
2. (英) analogy (日) アナロジー (読) [継承]
発行所 (推奨): 徳島大学.総合科学部.人間社会学科.言語文化講座 [継承]
誌名 (必須): 徳島大学総合科学部言語文化研究 ([徳島大学.総合科学部.人間社会学科.言語文化講座])
(resolved by 1340-5632)
ISSN: 1340-5632 (pISSN: 1340-5632)
Title: 言語文化研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
(resolved by 2433-345X)

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 7 [継承]
(必須):
(必須): 143 160 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2000年 2月 初日 (平成 12年 2月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ : 417 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 山田 仁子 : 類似性の発見と展開, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.7, (号), 143-160, 2000年.
欧文冊子 ● Hitoko Yamada : Emergence and Development of Similarity, Journal of Language and Literature, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.7, (号), 143-160, 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.18, Max(EID) = 383310, Max(EOID) = 1024541.