『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=97500)

EID=97500EID:97500, Map:0, LastModified:2004年9月11日(土) 11:47:36, Operator:[細井 和雄], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[細井 和雄], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総説·解説 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.細井 和雄
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Soe Gilbu (日) 徐 吉夫 (読) そえ ぎるぶ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Horio Takekazu (日) 堀尾 武一 (読) ほりお たけかず
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Studies on molecular level reaction mechanism of photosynthetic ATP formation by solubilization of chromatophore membrane (in Japanese)  (日) クロマトホァ膜の光リン酸化系の可溶化による分子レベル反応メカニズムの研究   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 共立出版株式会社 [継承]
誌名 (必須): (英) Protein, Nucleic Acid and Enzymes, supplemented volume 2 (日) 別冊蛋白質核酸酵素,生体膜実験法(下) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 2 [継承]
(必須):
(必須): 39 48 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1974年 12月 初日 (昭和 49年 12月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 細井 和雄, 徐 吉夫, 堀尾 武一 : クロマトホァ膜の光リン酸化系の可溶化による分子レベル反応メカニズムの研究, 別冊蛋白質核酸酵素,生体膜実験法(下), Vol.2, (号), 39-48, 1974年12月.
欧文冊子 ● Kazuo Hosoi, Gilbu Soe and Takekazu Horio : Studies on molecular level reaction mechanism of photosynthetic ATP formation by solubilization of chromatophore membrane (in Japanese), Protein, Nucleic Acid and Enzymes, supplemented volume 2, Vol.2, (号), 39-48, Dec. 1974.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 2.07, Max(EID) = 348679, Max(EOID) = 936648.