『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=88235)

EID=88235EID:88235, Map:0, LastModified:2005年2月28日(月) 09:50:14, Operator:[浮田 浩行], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[浮田 浩行], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.知能機械学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Kotani Takahiro (日) 小谷 隆博 (読) こたに たかひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.浮田 浩行 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.知能機械学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.知能機械学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 実験計画,考察,記述指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.小西 克信
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 自動車認識のための視覚システムに関する研究   [継承]
副題 (任意): (英)   (日) 第1報 車両の検出   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) カメラによって撮影された自動車の画像から,車両の位置を検出したりナンバープレートの文字を認識することは,実社会における車両監視システム等において重要な問題である.これまでに,ナンバープレートを認識する様々な方法が提案されているが,これらの方法は,画像中にナンバープレート部分がはっきりと撮影されるように車両とカメラを配置する必要がある.しかし,カメラと車両の位置関係が固定されているという状況は,より一般的な車両監視システムを構成する場合,望ましいものではない.このようなシステムでは,まずカメラで撮影した画像から車両が存在する部分を検出し,その結果からナンバープレートが存在する部分を拡大して撮影する能動的な監視システムが有効であると考えられる.本研究では,このようなシステムにおける,画像中からの車両部分を検出する方法について検討した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本機械学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 日本機械学会 中国四国支部 第34期総会·講演会 講演論文集 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須): 965-1 [継承]
(必須): 269 270 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 1996年 3月 8日 (平成 8年 3月 8日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 小谷 隆博, 浮田 浩行, 小西 克信 : 自動車認識のための視覚システムに関する研究, --- 第1報 車両の検出 ---, 日本機械学会 中国四国支部 第34期総会·講演会 講演論文集, (巻), No.965-1, 269-270, 1996年3月.
欧文冊子 ● Takahiro Kotani, Hiroyuki Ukida and Katsunobu Konishi : 自動車認識のための視覚システムに関する研究, 日本機械学会 中国四国支部 第34期総会·講演会 講演論文集, (巻), No.965-1, 269-270, March 1996.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.43, Max(EID) = 375407, Max(EOID) = 1006122.