『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=81928)

EID=81928EID:81928, Map:0, LastModified:2019年10月25日(金) 16:18:24, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
(必須): (英) Shin (日)(読) しん [継承]
(必須): (英) Dohoon (日) 道勲 (読) どふん [継承]
ミドルネーム (任意):
生年月日 (推奨): **** [学内]
性別 (推奨): 男性 [継承]
学位 (推奨): 1.博士 [継承]
学位名称 (推奨): 1. (英) (日) 工学修士 (読)
授与組織 (推奨): (英) (日) 韓国海洋大学校大学院機械工学科 (読) [継承]
授与年月日 (推奨): 西暦 2002年 2月 12日 (平成 14年 2月 12日) [継承]
[継承]
出身大学 (推奨): (英) (日) 東儀大学校 (読)
卒業年月日 (推奨): 西暦 1997年 2月 15日 (平成 9年 2月 15日) [継承]
[継承]
出身大学2 (推奨):
出身大学3 (推奨):
肩書 (必須): 1.(期間: 2004年4月 1日〜2005年9月 30日)  助手 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日) [継承]
所属 (必須): 1.(期間: 2004年4月 1日〜2005年9月 30日)  徳島大学.工学部.機械工学科.生産システム講座 [継承]
電子メール (必須):
電話 (推奨):
電話2 (推奨):
電話3 (任意):
FAX (任意):
国籍 (推奨): **** [職員]
本籍 (推奨):
郵便番号 (任意):
住所 (任意):
部屋 (推奨):
オフィスアワー (推奨):
統合認証ID (推奨):
科研番号 (推奨):
SPAS-ID (推奨):
職員番号 (推奨):
学務教員ID (推奨):
パスワード (任意):
証明書 (任意):
URL (任意):
顔写真 (推奨): 辛 道勲 ([顔写真]) [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意): 1.55667205900 [継承]
2.7403352600 [継承]
備考 (任意): 1.(英)   (日) H17.9.30 辞職(工学部.機械工学科)   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● [氏名] 辛 道勲, Dohoon Shin, [Email] (電子メール), [職名・学位] (肩書)・工学修士, [専門分野] 電気·電子材料(薄膜), [所属学会] 日本材料学会社団法人 日本工学教育協会, [社会活動] , [研究テーマ] 透明導電膜に関する研究, [キーワード] DCマグネトロンスパッタリング, PET基板, ITO膜, IZO膜, [共同研究可能テーマ] (@.collaborate)
欧文冊子 ● [Name] Dohoon Shin, [Email] (電子メール), [Title, Degree] (肩書)工学修士, [Field of Study] 電気·電子材料(薄膜), [Academic Society] The Society of Materials Science,JapanJapanese Society for Engineering Education, [Social Activity] , [Theme of Study] 透明導電膜に関する研究, [Keyword] DCマグネトロンスパッタリング, PET基板, ITO膜, IZO膜, [Collaboratible] (@.collaborate)

関連情報

この個人(辛 道勲)を参照している情報

閲覧【学位論文】…(1) 閲覧【学会活動】…(2) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【組織】…(2)
閲覧【著作】…(17) 閲覧【履歴】…(9)

この個人(辛 道勲)が所有している情報

閲覧【著作】…(5)

この個人(辛 道勲)が権限を持つ情報

閲覧【学位論文】…(1) 閲覧【学会活動】…(2) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【著作】…(29)
閲覧【履歴】…(9)
Number of session users = 0, LA = 0.69, Max(EID) = 362800, Max(EOID) = 970568.