『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=78487)

EID=78487EID:78487, Map:0, LastModified:2004年2月6日(金) 14:20:22, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[掛井 秀一], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨): 依頼 [継承]
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.鹿島建設株式会社 [継承]
著者 (必須): 1.掛井 秀一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.情報・表現分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Mizuno Setsuko (日) 水野 節子 (読) みずの せつこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Quantitative Analysis of Street Forms  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) フラクタル幾何学を援用した街路形態の解析手法を開発し,従来は定性的にしか扱われなかった都市の街路形態を定量的に表現する指標を提案.この指標を用いて中世ドイツ都市と中世イスラム都市の街路形態を比較した.その結果,中世ドイツ都市の街路は線的な構造を有するのに対して中世イスラム都市は面的な構造を有することが明かとなった.   [継承]
キーワード (推奨): 1.都市のモデル化 (urban modelling) [継承]
発行所 (推奨): (英) (日) 形の科学会 (読) かたちのかがくかい [継承]
誌名 (必須): (英) FORMA (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 9 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 101 111 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1994年 4月 初日 (平成 6年 4月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hidekazu Kakei and Setsuko Mizuno : Quantitative Analysis of Street Forms, FORMA, Vol.9, No.2, 101-111, 1994.
欧文冊子 ● Hidekazu Kakei and Setsuko Mizuno : Quantitative Analysis of Street Forms, FORMA, Vol.9, No.2, 101-111, 1994.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.47, Max(EID) = 382135, Max(EOID) = 1020781.