『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=78002)

EID=78002EID:78002, Map:0, LastModified:2008年12月24日(水) 17:56:00, Operator:[近藤 光男], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[近藤 光男], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻 (〜2014年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Imada Fumio (日) 今田 文男 (読) いまだ ふみお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Yamabe Tetsukazu (日) 山部 哲一 (読) やまべ てつかず
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Oishi Akinori (日) 大石 明徳 (読) おおいし あきのり
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.近藤 光男
役割 (任意): (英)   (日) 分析のフレームワーク,交流効果の計量モデルの構築   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 効果的な交通安全対策のための交通事故分析-高齢者横断歩行中の事故防止「危険度及び対策効果予測手法について」-   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 近年発生件数の増加が顕著である高齢者の横断歩行中の事故を対象に,効果的な対策を効率的に実施するため,現地の点検結果から高齢者事故の危険度を定量的に予測し,対策箇所のプライオリティ,各対策項目の重み付け,対策効果の計測等を可能にする手法の開発を行ったものである.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 四国技法 (読) しこくぎほう
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 10 20 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2002年 1月 1日 (平成 14年 1月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 今田 文男, 山部 哲一, 大石 明徳, 近藤 光男 : 効果的な交通安全対策のための交通事故分析-高齢者横断歩行中の事故防止「危険度及び対策効果予測手法について」-, 四国技法, Vol.1, No.2, 10-20, 2002年.
欧文冊子 ● Fumio Imada, Tetsukazu Yamabe, Akinori Oishi and Akio Kondo : 効果的な交通安全対策のための交通事故分析-高齢者横断歩行中の事故防止「危険度及び対策効果予測手法について」-, 四国技法, Vol.1, No.2, 10-20, 2002.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.06, Max(EID) = 383285, Max(EOID) = 1024421.