『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=74533)

EID=74533EID:74533, Map:0, LastModified:2003年12月8日(月) 14:22:23, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[石田 啓祐], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 報告書 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.教養部 (1965年4月1日〜1993年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 細岡 秀博 (読) ほそおか ひでひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 東明 省三 (読) しのあき しょうぞう
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 須鎗 和巳 (読) すやり かずみ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.石田 啓祐 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.地球科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.地球科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 寺戸 恒夫 (読) てらど つねお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) (日) 久米 嘉明 (読) くめ よしあき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) (日) 大戸井 義美 (読) おおどい よしみ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) (日) 祖父江 勝孝 (読) そぶえ かつたか
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 鴨島町の地質·地形   [継承]
副題 (任意): (英)   (日) 総合学術調査報告 鴨島町   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 吉野川南岸平野の鴨島町地域に分布する鮮新-更新統の岩相層序の調査と微地形区分を行い,吉野川平野形成に至る地質環境変遷を考察した.地形の発達過程は,後期鮮新世の森山粘土層堆積期,森山礫層堆積期,更新世の高位段丘形成期,中位段丘形成期,北岸扇状地の成長期,低位段丘形成期の6段階が識別でき,阿讃山脈の上昇に伴う吉野川流路の変遷を図示した.また,江川湧水水温の周年変化が吉野川の伏流水の移動速度に起因することを論述した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (任意): (英) (日) 阿波学会·徳島県立図書館 (読) [継承]
誌名 (任意): (英) (日) 郷土研究発表会紀要(阿波学会·徳島県立図書館) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(任意):
(任意): 30 [継承]
(任意): 75 82 [継承]
都市 (任意): 徳島 ([日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1984年 5月 初日 (昭和 59年 5月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 細岡 秀博, 東明 省三, 須鎗 和巳, 石田 啓祐, 寺戸 恒夫, 久米 嘉明, 大戸井 義美, 祖父江 勝孝 : 鴨島町の地質·地形, --- 総合学術調査報告 鴨島町 ---, 郷土研究発表会紀要(阿波学会·徳島県立図書館), (巻), No.30, 75-82, 徳島, 1984年5月.
欧文冊子 ● 細岡 秀博, 東明 省三, 須鎗 和巳, Keisuke Ishida, 寺戸 恒夫, 久米 嘉明, 大戸井 義美 and 祖父江 勝孝 : 鴨島町の地質·地形, 郷土研究発表会紀要(阿波学会·徳島県立図書館), (巻), No.30, 75-82, Tokushima, May 1984.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.42, Max(EID) = 348657, Max(EOID) = 936522.