『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=66248)

EID=66248EID:66248, Map:0, LastModified:2014年6月8日(日) 15:19:08, Operator:[掛井 秀一], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[掛井 秀一], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.鹿島建設株式会社 [継承]
著者 (必須): 1.掛井 秀一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.情報・表現分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.佐古 順彦 ([早稲田大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 井端 泰裕 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 佐藤 博臣 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 避難行動に事前学習·誘導情報が与える影響に関する心理学的考察   [継承]
副題 (任意): (英)   (日) マルチメディア技術を利用した避難誘導システムの開発 その1   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 不特定多数が利用する空間における避難を対象としたマルチメディア型モバイル端末による誘導システムを開発するため,事前学習·誘導情報の形態が避難行動に及ぼす影響を空間シミュレータを用いた実験により考察した.その結果,矢印による誘導は避難者の不安感を払拭できないこと,経路図による誘導は安心感を与えるものの避難を促進するとは言えないこと,ウォークスルーによる学習は誘導情報への依存を抑制することが判明した   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): 日本建築学会計画系論文報告集 ([社団法人 日本建築学会])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): 535 [継承]
(必須): 139 146 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2000年 9月 初日 (平成 12年 9月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 掛井 秀一, 佐古 順彦, 井端 泰裕, 佐藤 博臣 : 避難行動に事前学習·誘導情報が与える影響に関する心理学的考察, --- マルチメディア技術を利用した避難誘導システムの開発 その1 ---, 日本建築学会計画系論文報告集, No.535, 139-146, 2000年.
欧文冊子 ● Hidekazu Kakei, Toshihiko Sako, 井端 泰裕 and 佐藤 博臣 : 避難行動に事前学習·誘導情報が与える影響に関する心理学的考察, 日本建築学会計画系論文報告集, No.535, 139-146, 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.64, Max(EID) = 382135, Max(EOID) = 1020781.