『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=62981)

EID=62981EID:62981, Map:0, LastModified:2017年12月4日(月) 13:52:41, Operator:[[ADMIN]], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[堤 和博], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.総合科学部.人間社会学科 (1993年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.堤 和博 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.日本・アジア分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 『蜻蛉日記』下巻の物語的手法とその限界   [継承]
副題 (任意): (英)   (日) 夢と養女迎えの記事   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 従来物語的に叙述されていると言われる『蜻蛉日記』下巻の夢と養女迎えの記事が連接している部分を取り上げた.『蜻蛉日記』に描かれる内容と,当時の常識等を勘案して推測される事実とを比較検討することにより,作者が当該部分を執筆する際に,どのような物語的叙述方法がとられたのか,また,その叙述方法の限界が如何なる面にみられるのかというような,これまで具体的に指摘されなかった事柄につき具体的な側面にまで踏み込んで考察した.その結果,作者は,夢見や夢解きの時間経過に操作を加えるなどして物語的構成を考えた叙述を行いながら,自らが記しているものは「日記」であるとの意識から完全には脱却出来ずに,施した操作を糊塗することまでは出来なかった(操作したことが見え透いた叙述になってしまている)というようなことが指摘できた.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 『蜻蛉日記』下巻 (読) [継承]
2. (英) (日) 養女迎え (読) [継承]
発行所 (推奨): 徳島大学.総合科学部.人間社会学科 (1993年4月1日〜) [継承]
誌名 (必須): 徳島大学総合科学部言語文化研究 ([徳島大学.総合科学部.人間社会学科.言語文化講座])
(resolved by 1340-5632)
ISSN: 1340-5632 (pISSN: 1340-5632)
Title: 言語文化研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
(resolved by 2433-345X)

ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須): 6 [継承]
(必須): 1 16 [継承]
都市 (任意): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1999年 2月 20日 (平成 11年 2月 20日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ : 407 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 堤 和博 : 『蜻蛉日記』下巻の物語的手法とその限界, --- 夢と養女迎えの記事 ---, 徳島大学総合科学部言語文化研究, (巻), No.6, 1-16, 1999年.
欧文冊子 ● Kazuhiro Tsutsumi : 『蜻蛉日記』下巻の物語的手法とその限界, Journal of Language and Literature, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, (巻), No.6, 1-16, 1999.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.76, Max(EID) = 360422, Max(EOID) = 965326.