『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=60596)

EID=60596EID:60596, Map:0, LastModified:2019年10月29日(火) 14:46:08, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[谷口 寿章], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
(必須): (英) Taniguchi (日) 谷口 (読) たにぐち [継承]
(必須): (英) Hisaaki (日) 寿章 (読) ひさあき [継承]
ミドルネーム (任意):
生年月日 (推奨): **** [学内]
性別 (推奨): 男性 [継承]
学位 (推奨): 1.博士 [継承]
学位名称 (推奨): 1. (英) Dr. Sci. (日) 理学博士 (読) りがくはくし
授与組織 (推奨): 大阪大学 [継承]
授与年月日 (推奨): 西暦 1981年 3月 初日 (昭和 56年 3月 初日) [継承]
[継承]
出身大学 (推奨): 京都大学.理学部
卒業年月日 (推奨):
[継承]
出身大学2 (推奨):
出身大学3 (推奨):
肩書 (必須): 1.(期間: 〜2018年3月 31日)  教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
所属 (必須): 1.(期間: 2016年4月 1日〜2018年3月 31日)  徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域 (2016年4月1日〜) [継承]
2.(期間: 2007年4月 1日〜2016年3月 31日)  疾患酵素学研究センター (2007年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域]) [継承]
3.(期間: 〜2007年3月 31日)  分子酵素学研究センター (〜2007年3月31日/->組織[疾患酵素学研究センター]) [継承]
電子メール (必須):
電話 (推奨):
電話2 (推奨):
電話3 (任意):
FAX (任意):
国籍 (推奨): **** [職員]
本籍 (推奨): **** [職員]
郵便番号 (任意):
住所 (任意):
部屋 (推奨):
オフィスアワー (推奨):
統合認証ID (推奨):
科研番号 (推奨):
SPAS-ID (推奨):
職員番号 (推奨):
学務教員ID (推奨):
パスワード (任意): **** [ユーザ]
証明書 (任意):
URL (任意): http://mms1.ier.tokushima-u.ac.jp/index2.html [継承]
顔写真 (推奨): 谷口寿章 ([顔写真]) [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意): 1.7403039344 [継承]
2.57209787998 [継承]
備考 (任意): 1.(英)   (日) H30.3.31 退職(先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域)   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● [氏名] 谷口 寿章, Hisaaki Taniguchi, [Email] (電子メール), [職名・学位] (肩書)・理学博士, [専門分野] 生化学, 生物物理学, 機器分析学, [所属学会] 日本生化学会・日本医用マススペクトル学会・日本分子生物学会・日本質量分析学会・日本生物物理学会・アメリカ質量分析学会, [社会活動] , [研究テーマ] 質量分析法のタンパク質構造解析への応用に関する研究, シグナル伝達系のプロテオミクスに関する研究, [キーワード] プロテオーム, シグナル伝達, リン酸化, 質量分析法, [共同研究可能テーマ] (@.collaborate)
欧文冊子 ● [Name] Hisaaki Taniguchi, [Email] (電子メール), [Title, Degree] (肩書)・Dr. Sci., [Field of Study] Biochemistry, Biophysics, Instrumental analysis, [Academic Society] The Japanese Biochemical Society・Japanese Society for Biomedical Mass Spectrometry・The Molecular Biology Society of Japan・Japanese Society for Mass Spectrometry・The Biophysical Society of Japan・American Society for Mass Spectrometry, [Social Activity] , [Theme of Study] Application of Mass Spectrometry to Protein Analysis, Proteomic Analysis of Signal Transduction, [Keyword] proteome, signal transduction, phosphorylation, mass spectrometry, [Collaboratible] (@.collaborate)

関連情報

この個人(谷口 寿章)を参照している情報

閲覧【学位論文】…(8) 閲覧【学会活動】…(6) 閲覧【共同研究】…(3) 閲覧【研究】…(1)
閲覧【集会】…(1) 閲覧【授業概要】…(40) 閲覧【組織】…(8) 閲覧【担当授業】…(3)
閲覧【著作】…(236) 閲覧【特許・実用新案】…(1) 閲覧【ホスト】…(6) 閲覧【履歴】…(12)

この個人(谷口 寿章)が所有している情報

閲覧【学位論文】…(7) 閲覧【画像】…(1) 閲覧【学会活動】…(6) 閲覧【研究】…(1)
閲覧【個人】…(1) 閲覧【雑誌】…(1) 閲覧【組織】…(2) 閲覧【担当授業】…(3)
閲覧【著作】…(201) 閲覧【履歴】…(16)

この個人(谷口 寿章)が権限を持つ情報

閲覧【学位論文】…(8) 閲覧【学会活動】…(6) 閲覧【共同研究】…(3) 閲覧【研究】…(1)
閲覧【集会】…(1) 閲覧【授業概要】…(45) 閲覧【担当授業】…(3) 閲覧【著作】…(237)
閲覧【特許・実用新案】…(1) 閲覧【ホスト】…(6) 閲覧【履歴】…(13)
Number of session users = 0, LA = 0.77, Max(EID) = 361906, Max(EOID) = 968323.