『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=60590)

EID=60590EID:60590, Map:0, LastModified:2019年3月16日(土) 21:38:35, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[疾患酵素学研究センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
(必須): (英) Ebina (日) 蛯名 (読) えびな [継承]
(必須): (英) Yousuke (日) 洋介 (読) ようすけ [継承]
ミドルネーム (任意):
生年月日 (推奨): **** [学内]
性別 (推奨): 男性 [継承]
学位 (推奨): 1.博士 [継承]
学位名称 (推奨): 1. (英) Ph.D. (日) 医学博士 (読) いがくはかせ
授与組織 (推奨): 千葉大学 [継承]
授与年月日 (推奨): 西暦 1977年 3月 末日 (昭和 52年 3月 末日) [継承]
[継承]
出身大学 (推奨): 千葉大学
卒業年月日 (推奨): 西暦 1973年 3月 末日 (昭和 48年 3月 末日) [継承]
[継承]
出身大学2 (推奨):
出身大学3 (推奨): (英) (日) 千葉大学大学院医学研究科 (読) ちばだいがくだいがくいんいがくけんきゅうか
博士課程修了年月日 (推奨): 西暦 1977年 3月 末日 (昭和 52年 3月 末日) [継承]
[継承]
肩書 (必須): 1.(期間: 〜2013年3月 31日)  教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
所属 (必須): 1.(期間: 2007年4月 1日〜2013年3月 31日)  疾患酵素学研究センター (2007年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域]) [継承]
2.(期間: 〜2007年3月 31日)  分子酵素学研究センター (〜2007年3月31日/->組織[疾患酵素学研究センター]) [継承]
電子メール (必須):
電話 (推奨):
電話2 (推奨):
電話3 (任意):
FAX (任意):
国籍 (推奨): **** [職員]
本籍 (推奨): **** [職員]
郵便番号 (任意):
住所 (任意):
部屋 (推奨):
オフィスアワー (推奨):
統合認証ID (推奨):
科研番号 (推奨):
SPAS-ID (推奨):
職員番号 (推奨):
学務教員ID (推奨):
パスワード (任意):
証明書 (任意): RevokedEDB/PKI 1st Generation Certificate
countryName (C) = "JP"
stateOrProvinceName (ST) = "Tokushima"
localityName (L) = "Tokushima City"
organizationName (O) = "The University of Tokushima"
organizationalUnitName (OU) = "EDB"
commonName (CN) = "S60590"
emailAddress = "īđėņ (@īėŗ ₍.₎ tōkūśhīmā-ū ₍.₎ āċ ₍.₎ jp"
[継承]
URL (任意):
顔写真 (推奨): 蛯名 洋介 ([顔写真]) [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意): 1.35447248500 [継承]
備考 (任意): 1.(英)   (日) H25.3.31 退職(疾患酵素学研究センター)   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● [氏名] 蛯名 洋介, Yousuke Ebina, [Email] (電子メール), [職名・学位] (肩書)・医学博士, [専門分野] 生化学, 分子生物学, 遺伝学, [所属学会] 日本生化学会社団法人 日本糖尿病学会日本癌学会社団法人 日本内分泌学会日本分子生物学会, [社会活動] 独立行政法人日本学術振興会独立行政法人日本学術振興会文部省 日本学術振興会・鈴木万平糖尿病学国際交流財団・インスリン作用研究会・公益財団法人 鈴木万平糖尿病財団, [研究テーマ] インスリンシグナル伝達の分子機構とその異常による病態の解明, [キーワード] インスリン, シグナル伝達, 細胞増殖·分化, 糖尿病, [共同研究可能テーマ] (@.collaborate)
欧文冊子 ● [Name] Yousuke Ebina, [Email] (電子メール), [Title, Degree] (肩書)・Ph.D., [Field of Study] Biochemistry, Molecular Biology, Genetics, [Academic Society] The Japanese Biochemical SocietyJapan Diabetes SocietyThe Japanese Cancer AssociationThe Japan Endocrine SocietyThe Molecular Biology Society of Japan, [Social Activity] Japan Society for the Promotion of ScienceJapan Society for the Promotion of ScienceJapan Society for the Promotion of Science, Ministry of Education鈴木万平糖尿病学国際交流財団インスリン作用研究会公益財団法人 鈴木万平糖尿病財団, [Theme of Study] Molecular Mechanisms of Insulin Transduction and Diabetes mellitus, [Keyword] insulin, signal transduction, cell proliferation and differentiation, diabetes, [Collaboratible] (@.collaborate)

関連情報

この個人(蛯名 洋介)を参照している情報

閲覧【学位論文】…(9) 閲覧【学会活動】…(5) 閲覧【擬人】…(2) 閲覧【共同研究】…(1)
閲覧【研究】…(1) 閲覧【研究活動】…(15) 閲覧【社会活動】…(6) 閲覧【授業概要】…(36)
閲覧【組織】…(7) 閲覧【担当授業】…(15) 閲覧【著作】…(119) 閲覧【特許・実用新案】…(4)
閲覧【ホスト】…(2) 閲覧【役歴】…(1) 閲覧【履歴】…(10)

この個人(蛯名 洋介)が所有している情報

閲覧【学会活動】…(1) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【社会活動】…(1) 閲覧【担当授業】…(1)
閲覧【著作】…(4) 閲覧【役歴】…(1)

この個人(蛯名 洋介)が権限を持つ情報

閲覧【学位論文】…(9) 閲覧【学会活動】…(6) 閲覧【共同研究】…(1) 閲覧【研究】…(2)
閲覧【研究活動】…(15) 閲覧【社会活動】…(3) 閲覧【授業概要】…(36) 閲覧【担当授業】…(16)
閲覧【著作】…(127) 閲覧【特許・実用新案】…(4) 閲覧【ホスト】…(2) 閲覧【役歴】…(2)
閲覧【履歴】…(10)
Number of session users = 1, LA = 0.47, Max(EID) = 361907, Max(EOID) = 968333.