『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=403145)

EID=403145EID:403145, Map:0, LastModified:2023年9月19日(火) 16:17:09, Operator:[大髙 章], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[大髙 章], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
カテゴリ (必須): 研究 [継承]
団体 (必須): (英) (日) 日本ペプチド学会 (読) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 第55回若手ペプチド夏の勉強会 ポスター発表優秀発表賞 (読) [継承]
組織 (推奨):
受賞者 (必須): 1. (英) Hayashi JUNYA (日) 林 隼矢 (読) はやし じゅんや
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
テーマ (必須): (英)   (日) 化学選択的アシル化に続くLossen転位反応を活用したN末端アルデヒド化法の開発   [継承]
年月日 (必須): 西暦 2023年 8月 10日 (令和 5年 8月 10日) [継承]
指導教員 (推奨): 1.大髙 章 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学]) [継承]
2.傳田 将也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.先端薬学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学]) [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 林 隼矢 : 化学選択的アシル化に続くLossen転位反応を活用したN末端アルデヒド化法の開発, 第55回若手ペプチド夏の勉強会 ポスター発表優秀発表賞, 日本ペプチド学会, 2023年8月.
欧文冊子 ● JUNYA Hayashi : 化学選択的アシル化に続くLossen転位反応を活用したN末端アルデヒド化法の開発, 第55回若手ペプチド夏の勉強会 ポスター発表優秀発表賞, 日本ペプチド学会, Aug. 2023.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.81, Max(EID) = 405256, Max(EOID) = 1099164.