『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=373652)

EID=373652EID:373652, Map:0, LastModified:2021年3月19日(金) 15:12:47, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 単独著作 (徳島大学内の単一の研究グループ(研究室等)内の研究 (単著も含む)) [継承]
学究種別 (推奨): 修士課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.創成科学研究科.理工学専攻.社会基盤デザインコース(創成科学研究科).防災科学講座(創成科学研究科) (2020年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Hasegawa Masayuki (日) 長谷川 真之 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) AN ACTUAL CONDITION SURVEY ON THE DECISION TO CLOSE A NURSERY SCHOOL IN THE EVENT OF STORM AND FLOOD DAMAGE  (日) 風水害発生時の保育所の休所判断についての実態調査   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Most of the nursery schools, which are employment support facilities, are open even when storm and flood damage is predicted. The reason for this is that it is the principle that the nursery school is opening, when a disaster is likely to occur. On the other hand, in recent heavy rain disasters, delay in evacuation exposed children and nursery school staff to dangerous situations in some cases. Therefore, in order to understand the actual situation that a nursery school is opening during a disaster, we conducted a questionnaire survey for the childcare departments of 673 municipalities with a population of 10,000 or more in 24 prefectures. Only 16% of the local governments decide to close the nursery school when the disaster risk increases. In order to improve the degree of disaster safety of nursery schools, it is necessary to form social consensus that the nursery schools may be closed during a disaster.  (日) 風水害時における保育所の休所実態を把握するため,2019 年12 月∼2020 年1 月にかけて24 都県の人口1 万人以上の673 基礎自治体保育担当部署を対象に,郵送回収方式にて所掌保育所での休所実施の有無,休所規定の制定状況等についてアンケート調査を行った.対象自治体は近年,風水害被害を受けた都県を中心に抽出し,378 自治体(回収率56%)から回答を得た.風水害時に保育所を休所させる規定があるのは61 自治体(16%)で,この内,2018 年又は2019 年に被災した自治体のうち,13 自治体で規定が設けられていた.しかし,現時点では風水害時の休所規定がある自治体は少数であり,災害危険性が高まった時に保育所の休所判断をできるためには,社会的合意の形成が必要である.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) nursery school (日) 保育所 (読) ほいくしょ [継承]
2. (英) storm and flood damage (日) 風水害 (読) ふうすいがい [継承]
3. (英) questionnaire survey (日) アンケート調査 (読) あんけーとちょうさ [継承]
4. (英) closing decision (日) 閉鎖判断 (読) [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木学会論文集F6(安全問題) ([社団法人 土木學會])
(pISSN: 2185-6621)

ISSN (任意): 2185-6621
ISSN: 2185-6621 (eISSN: 2185-6621)
Title: 土木学会論文集F6(安全問題)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 76 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): I_123 I_130 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2021年 2月 5日 (令和 3年 2月 5日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.2208/jscejsp.76.2_I_123    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 長谷川 真之, 中野 晋 : 風水害発生時の保育所の休所判断についての実態調査, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.76, No.2, I_123-I_130, 2021年.
欧文冊子 ● Masayuki Hasegawa and Susumu Nakano : AN ACTUAL CONDITION SURVEY ON THE DECISION TO CLOSE A NURSERY SCHOOL IN THE EVENT OF STORM AND FLOOD DAMAGE, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F6 (Safety Problem), Vol.76, No.2, I_123-I_130, 2021.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.89, Max(EID) = 377097, Max(EOID) = 1009889.