『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=365045)

EID=365045EID:365045, Map:0, LastModified:2020年4月21日(火) 21:39:55, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[コインカー パンカジ], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Kanazawa Makoto (日) 金澤 誠 (読) かなざわ まこと
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.コインカー パンカジ ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.光応用系.光機能材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座]/[徳島大学.大学院理工学研究部]/[徳島大学.工学部.光応用工学科.光機能材料講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース.光機能材料工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
3.村井 啓一郎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
4.森賀 俊広 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.古部 昭広 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.光応用系.光機能材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effects of the solvent during the preparation of MoS2 nanoparticles by laser ablation  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨): 1. (英) Molybdenum disulfide (日) (読) [継承]
2. (英) Laser ablation (日) (読) [継承]
3. (英) Scanning Electron Microscopy (日) (読) [継承]
4.X線回折 (X-ray diffraction) [継承]
発行所 (推奨): (英) Uv-visible spectroscopy (日) (読) [継承]
誌名 (必須): Journal of Physics: Conference Series ([英国物理学会])
(pISSN: 1742-6588, eISSN: 1742-6596)

ISSN (任意): 1742-6596
ISSN: 1742-6588 (pISSN: 1742-6588, eISSN: 1742-6596)
Title: Journal of physics. Conference series
Title(ISO): J Phys Conf Ser
Publisher: IOP Publishing
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 1230 [継承]
(必須): 0120100 [継承]
(必須): 1 6 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2019年 9月 6日 (令和 元年 9月 6日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1088/1742-6596/1230/1/012100    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨): 1.コインカー パンカジ ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.光応用系.光機能材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座]/[徳島大学.大学院理工学研究部]/[徳島大学.工学部.光応用工学科.光機能材料講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース.光機能材料工学講座]) [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Makoto Kanazawa, Pankaj Koinkar, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga and Akihiro Furube : Effects of the solvent during the preparation of MoS2 nanoparticles by laser ablation, Journal of Physics: Conference Series, Vol.1230, No.0120100, 1-6, 2019.
欧文冊子 ● Makoto Kanazawa, Pankaj Koinkar, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga and Akihiro Furube : Effects of the solvent during the preparation of MoS2 nanoparticles by laser ablation, Journal of Physics: Conference Series, Vol.1230, No.0120100, 1-6, 2019.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.66, Max(EID) = 377097, Max(EOID) = 1009889.