『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=345884)

EID=345884EID:345884, Map:0, LastModified:2018年12月10日(月) 23:08:19, Operator:[芥川 正武], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[芥川 正武], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨): 修士課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野 (2017年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Yamaguchi Shunsuke (日) 山口 舜祐 (読) やまぐち しゅんすけ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.芥川 正武 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.湯本 浩通 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯周歯内治療学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.平尾 功治
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.榎本 崇宏 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Tarao Hiroo (日) 太良尾 浩生 (読) たらお ひろお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Tominaga Toshihiko (日) 富永 敏彦 (読) とみなが としひこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.池原 敏孝 ([徳島文理大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.木内 陽介
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effect of high frequency electric field on growth factor of cultured osteoblasts  (日) 高周波電界が培養骨芽細胞の成長因子に及ぼす影響   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) In this experiment, high frequency AC voltage was applied to cultured osteoblasts. The voltage waveform used is a sinusoidal wave of 500 kHz 20 V. Temperature, voltage, osteoblastic VEGF, VEGFmRNA and ALP were measured. VEGF and VEGFmRNA were measured 1 day after voltage application and ALP was measured 7 days after. Durations of voltage application were 30, 60, 90 and 120 s. As results of them, it is obvious that it affects the osteogenesis of osteoblasts by electrical factors. Although it depends on the initial state (cycle) of the cells, VEGF was significantly increased at 90 seconds and VEGF mRNA at 120 seconds. Change of ALP by application of the electrical field was not observed in our experiments.  (日) 培養骨芽細胞に500kHz,20Vの正弦波高周波交流電圧を印加し,影響について調査した.温度,電圧,VEGF,VEGFmRNAおよびALPを測定した. 電圧印加時間は30秒,60秒,90秒および120秒であった. その結果,骨芽細胞の骨形成に電気的要因が影響を与えることが示唆された. 影響は細胞の初期状態に依存すると推定されるが,VEGFは電圧印加時間が90秒で有意に増加し,VEGF mRNAは120秒で有意に増加した. 電圧印加によるALPの変化は今回の実験では観察されなかった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) 2018 The Joint Annual Meeting of the Bioelectromagnetics Society and the European BioElectromagnetics Association (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): ピラン (Piran/[スロベニア]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2018年 6月 26日 (平成 30年 6月 26日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨): 1.芥川 正武 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座]) [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Shunsuke Yamaguchi, Masatake Akutagawa, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Takahiro Emoto, Hiroo Tarao, Toshihiko Tominaga, Toshitaka Ikehara and Yohsuke Kinouchi : Effect of high frequency electric field on growth factor of cultured osteoblasts, 2018 The Joint Annual Meeting of the Bioelectromagnetics Society and the European BioElectromagnetics Association, Piran, June 2018.
欧文冊子 ● Shunsuke Yamaguchi, Masatake Akutagawa, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Takahiro Emoto, Hiroo Tarao, Toshihiko Tominaga, Toshitaka Ikehara and Yohsuke Kinouchi : Effect of high frequency electric field on growth factor of cultured osteoblasts, 2018 The Joint Annual Meeting of the Bioelectromagnetics Society and the European BioElectromagnetics Association, Piran, June 2018.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.77, Max(EID) = 374126, Max(EOID) = 1001868.