『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=311456)

EID=311456EID:311456, Map:0, LastModified:2018年11月18日(日) 14:47:17, Operator:[山内 暁彦], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[山内 暁彦], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.山内 暁彦 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.英語圏分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Language in Animal Farm by George Orwell  (日) ジョージ・オーウェル『動物農場』の使用言語   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ジョージ・オーウェルの諷刺的な動物寓話『動物農場』における動物たちの言語の使用の様態について論じた.この作品では,豚をはじめとして人語(英語)を解さない動物たちが,外部の人間であるウィンパーとの交渉を通じ徐々に言語能力を獲得し,その結果として農場支配を成し遂げていく.また,従来,宗教を表すとされる狡猾な大ガラスのモーゼスもまた,イソップ以来のカラスの伝統に即しており,言語能力の面でも農場の動物たちにとって重要な役割を演じている,と論じた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 徳島大学総合科学部 [継承]
誌名 (必須): 徳島大学総合科学部言語文化研究 ([徳島大学.総合科学部.人間社会学科.言語文化講座])
(resolved by 1340-5632)
ISSN: 1340-5632 (pISSN: 1340-5632)
Title: 言語文化研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
(resolved by 2433-345X)

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 23 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 17 42 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2015年 12月 27日 (平成 27年 12月 27日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ : 109537 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 山内 暁彦 : ジョージ・オーウェル『動物農場』の使用言語, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.23, 17-42, 2015年.
欧文冊子 ● Akihiko Yamauchi : Language in Animal Farm by George Orwell, Journal of Language and Literature, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.23, 17-42, 2015.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.71, Max(EID) = 360769, Max(EOID) = 966336.