『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=307439)

EID=307439EID:307439, Map:0, LastModified:2018年3月22日(木) 10:30:10, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 博士後期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Tokunaga Masahiko (日) 徳永 雅彦 (読) とくなが まさひこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.武藤 裕則 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Sato Rui (日) 佐藤 塁 (読) さとう るい
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) DEVELOPMENT OF DISASTER MANAGEMENT ACTION PLAN TO PROMOTE RAPID AND SAFE EVACUATION BEHAVIER OF RESIDENTS  (日) 迅速で安全な住民避難行動を促進する「防災行動計画」の策定   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Improvement of disaster prevention facility for a flood is necessary long time and a large amount of budget. The minimization of flood damage is incomplete without enhancement of soft measures in addition to hard measures. The serious flood damage due to Typhoon No.1411 has occurred in Naka town, Tokushima Prefecture. We analyzed the relationships between the disaster information providing by administration and evacuation of residents. Based on the results, we have developed the disaster management action plan which is called ``Timeline'' of government and residents.  (日) 浸水被害をハード整備で防ぐには膨大な時間と経費を要するため,整備途上でも被害の最小化を図るソフト対策の充実が喫緊の課題である.本研究は2014年8月に那賀町で発生した水害時の行政と住民の対応を検証する.また,過去の那賀川における出水状況を踏まえ,はん濫発生と水位や上流のダムからの放流量の相関関係等を検証するとともに,行政が発信する災害関連情報の種類や伝達方法,住民の避難完了までに必要な時間等も検討する.その結果,住民の避難等が適正に実施されるよう,災害発生前の行政や住民の対応を時系列に沿って「いつ,だれが,何をする」を明確にした「防災行動計画」を提案する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) flood damage (日) 洪水被害 (読) [継承]
2. (英) safe evacuation (日) 安全な避難 (読) あんぜんなひなん [継承]
3. (英) disaster management (日) 災害管理 (読) さいがいかんり [継承]
4. (英) action plan (日) 行動計画 (読) こうどうけいかく [継承]
5. (英) time line (日) タイムライン (読) [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木学会論文集F6(安全問題) ([社団法人 土木學會])
(pISSN: 2185-6621)

ISSN (任意): 2185-6621
ISSN: 2185-6621 (eISSN: 2185-6621)
Title: 土木学会論文集F6(安全問題)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 71 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): I_177 I_184 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2016年 1月 31日 (平成 28年 1月 31日) [継承]
URL (任意): https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscejsp/71/2/71_I_177/_article/-char/ja/ [継承]
DOI (任意): 10.2208/jscejsp.71.I_177    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ : 110084 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 徳永 雅彦, 中野 晋, 武藤 裕則, 佐藤 塁 : 迅速で安全な住民避難行動を促進する「防災行動計画」の策定, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.71, No.2, I_177-I_184, 2016年.
欧文冊子 ● Masahiko Tokunaga, Susumu Nakano, Yasunori Muto and Rui Sato : DEVELOPMENT OF DISASTER MANAGEMENT ACTION PLAN TO PROMOTE RAPID AND SAFE EVACUATION BEHAVIER OF RESIDENTS, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F6 (Safety Problem), Vol.71, No.2, I_177-I_184, 2016.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.72, Max(EID) = 372616, Max(EOID) = 996877.