『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=304720)

EID=304720EID:304720, Map:0, LastModified:2018年3月7日(水) 15:09:39, Operator:[三好 小文], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[杉山 茂], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 博士後期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.機能性材料 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
2.徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.化学プロセス工学講座 (2012年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Ehiro Takuya (日) 永廣 卓哉 (読) えひろ たくや
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2. (英) Itagaki Ai (日) 板垣 愛 (読) いたがき あい
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
3.倉科 昌 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.加藤 雅裕 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.中川 敬三
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Katou Yuuki (日) 加藤 裕樹 (読) かとう ゆうき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Ninomiya Wataru (日) 二宮 航 (読) にのみや わたる
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.杉山 茂 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effect of the Template Ion Exchange Behaviors of Chromium into FSM-16 on the Oxidative Dehydrogenation of Isobutane  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) The template ion exchange of chromium cations into FSM-16 (#16 Folded Sheets Mesoporous Materials) for 247 h resulted in a 2.89 wt% incorporation of those cations into the FSM-16, although only a 0.3 wt% incorporation had previously been reported. The XRD pattern of the resultant solid (Cr-FSM-16) showed that the hexagonal structure characteristic of FSM-16 remained after the 2.89 wt% incorporation of chromium cations. XPS could be used to detect the Cr3+ and Cr6+ species on the surface of Cr-FSM-16. A pre-edge peak that was due to a tetrahedrally coordinated Cr6+ species was confirmed in the XANES spectrum of the Cr-FSM-16, which showed that the coordination state around some Cr species was similar to that around the Si species in FSM-16. With the increase in the amount of chromium cations in FSM-16, its catalytic activity and stability during the oxidative dehydrogenation of isobutane were evidently improved.  (日) クロムカチオンのメソポラスシリカであるFSM-16へのテンプレートイオン交換挙動はが検討され,従来は0.3wt%までしかクロムをイオン交換できなかったが,247時間のイオン交換の結果2.89%まで導入できた.XRD分析よりクロムを導入しても構造は変化しなかったが,クロムは3価と6価のカチオンが検出され,特に6価のクロムはヘキサゴナル構造を取って取り込まれることがXAFSで確認された.このクロム導入FSM-16はイソブタンの酸化脱水素反応の触媒として高活性を示した.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Template Ion Exchange (日) (読) [継承]
2. (英) FSM-16 (日) (読) [継承]
3. (英) Chromium (日) (読) [継承]
4. (英) Oxidative Dehydrogenation (日) (読) [継承]
5. (英) Isobutane (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): 日本セラミックス協会 [継承]
誌名 (必須): Journal of the Ceramic Society of Japan ([日本セラミックス協会])
(pISSN: 1882-0743, eISSN: 1348-6535)

ISSN (任意): 1348-6535
ISSN: 1882-0743 (pISSN: 1882-0743, eISSN: 1348-6535)
Title: Journal of the Ceramic Society of Japan
Supplier: 公益社団法人日本セラミックス協会
Publisher: Ceramic Society of Japan/Nippon Seramikkusu Kyokai
 (Webcat Plus  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 123 [継承]
(必須): 12 [継承]
(必須): 1084 1089 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2015年 12月 初日 (平成 27年 12月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.2109/jcersj2.123.1084    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意): 2-s2.0-84948769052 [継承]
機関リポジトリ : 109868 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Takuya Ehiro, Ai Itagaki, Masashi Kurashina, Masahiro Katoh, Keizo Nakagawa, Yuuki Katou, Wataru Ninomiya and Shigeru Sugiyama : Effect of the Template Ion Exchange Behaviors of Chromium into FSM-16 on the Oxidative Dehydrogenation of Isobutane, Journal of the Ceramic Society of Japan, Vol.123, No.12, 1084-1089, 2015.
欧文冊子 ● Takuya Ehiro, Ai Itagaki, Masashi Kurashina, Masahiro Katoh, Keizo Nakagawa, Yuuki Katou, Wataru Ninomiya and Shigeru Sugiyama : Effect of the Template Ion Exchange Behaviors of Chromium into FSM-16 on the Oxidative Dehydrogenation of Isobutane, Journal of the Ceramic Society of Japan, Vol.123, No.12, 1084-1089, 2015.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.93, Max(EID) = 361611, Max(EOID) = 967818.