『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=292964)

EID=292964EID:292964, Map:0, LastModified:2018年10月2日(火) 13:16:37, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[齊藤 達哉], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
(必須): (英) Saitoh (日) 齊藤 (読) さいとう [継承]
(必須): (英) Tatsuya (日) 達哉 (読) たつや [継承]
ミドルネーム (任意):
生年月日 (推奨): **** [学内]
性別 (推奨): 男性 [継承]
学位 (推奨): 1.博士 [継承]
学位名称 (推奨): 1. (英) (日) 博士(医学) (読)
授与組織 (推奨): (英) (日) 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 (読) [継承]
授与年月日 (推奨): 西暦 2005年 3月 17日 (平成 17年 3月 17日) [継承]
[継承]
出身大学 (推奨):
出身大学2 (推奨):
出身大学3 (推奨):
肩書 (必須): 1.(期間: 2015年4月 1日〜2018年9月 30日)  教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
所属 (必須): 1.(期間: 2016年4月 1日〜2018年9月 30日)  徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域 (2016年4月1日〜2020年3月31日) [継承]
2.(期間: 2015年4月 1日〜2016年3月 31日)  徳島大学.疾患酵素学研究センター (2007年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域]) [継承]
電子メール (必須):
電話 (推奨):
電話2 (推奨):
電話3 (任意):
FAX (任意):
国籍 (推奨): **** [職員]
本籍 (推奨):
郵便番号 (任意):
住所 (任意):
部屋 (推奨):
オフィスアワー (推奨):
統合認証ID (推奨):
科研番号 (推奨):
SPAS-ID (推奨):
職員番号 (推奨):
学務教員ID (推奨):
パスワード (任意): **** [ユーザ]
証明書 (任意):
URL (任意):
顔写真 (推奨):
WOS (任意):
Scopus (任意): 1.7401688725 [継承]
Researchmap (推奨):
ORCID (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) H30.9.30 退職(先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域)   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● [氏名] 齊藤 達哉, Tatsuya Saitoh, [Email] (電子メール), [職名・学位] (肩書)・博士(医学), [専門分野] 免疫学, 薬学, ウイルス学, 生化学, 細胞生物学, [所属学会] 日本分子生物学会日本免疫学会日本生化学会日本細胞生物学会日本ウイルス学会日本薬学会・日本ケミカルバイオロジー学会・日本薬理学会・日本衛生学会, [社会活動] F1000Prime-Faculty of 1000・Journal of Medical Investigation・国立研究開発法人 科学技術振興機構, [研究テーマ] 炎症の分子機構解明と制御法開発, [キーワード] 炎症, 自然免疫, 感染防御, 細胞内分解系, オルガネラ, [共同研究可能テーマ] (@.collaborate)
欧文冊子 ● [Name] Tatsuya Saitoh, [Email] (電子メール), [Title, Degree] (肩書)博士(医学), [Field of Study] Immunology, Pharmacy, Virology, Biochemistry, Cell Biology, [Academic Society] The Molecular Biology Society of JapanJapanese Society for ImmunologyThe Japanese Biochemical SocietyJapan Society for Cell BiologyThe Japanese Society for VirologyThe Pharmaceutical Society of Japan日本ケミカルバイオロジー学会The Japanese Pharmacological Society日本衛生学会, [Social Activity] F1000Prime-Faculty of 1000・Journal of Medical Investigation・国立研究開発法人 科学技術振興機構, [Theme of Study] 炎症の分子機構解明と制御法開発, [Keyword] inflammation, innate immunity, 感染防御, 細胞内分解系, organelle, [Collaboratible] (@.collaborate)

関連情報

この個人(齊藤 達哉)を参照している情報

閲覧【学位論文】…(1) 閲覧【学会活動】…(9) 閲覧【共同研究】…(6) 閲覧【研究】…(1)
閲覧【研究活動】…(17) 閲覧【社会活動】…(3) 閲覧【集会】…(5) 閲覧【賞】…(4)
閲覧【組織】…(5) 閲覧【担当授業】…(11) 閲覧【著作】…(74) 閲覧【非常勤講師】…(1)
閲覧【プロジェクト】…(1) 閲覧【履歴】…(10)

この個人(齊藤 達哉)が所有している情報

閲覧【学会活動】…(10) 閲覧【共同研究】…(6) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【研究活動】…(18)
閲覧【個人】…(1) 閲覧【社会活動】…(3) 閲覧【集会】…(4) 閲覧【賞】…(8)
閲覧【担当授業】…(11) 閲覧【著作】…(70) 閲覧【非常勤講師】…(1) 閲覧【プロジェクト】…(1)
閲覧【履歴】…(11)

この個人(齊藤 達哉)が権限を持つ情報

閲覧【学位論文】…(1) 閲覧【学会活動】…(10) 閲覧【共同研究】…(6) 閲覧【研究】…(1)
閲覧【研究活動】…(18) 閲覧【社会活動】…(3) 閲覧【集会】…(5) 閲覧【賞】…(8)
閲覧【組織】…(1) 閲覧【担当授業】…(11) 閲覧【著作】…(79) 閲覧【非常勤講師】…(1)
閲覧【プロジェクト】…(1) 閲覧【履歴】…(11)
Number of session users = 0, LA = 0.85, Max(EID) = 372616, Max(EOID) = 996877.