『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=280268)

EID=280268EID:280268, Map:0, LastModified:2014年7月28日(月) 16:04:22, Operator:[中野 晋], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
報道団体 (必須): 社団法人 徳島新聞社 [継承]
メディア (必須): 徳島新聞 ([社団法人 徳島新聞社]) [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
報道対象 (必須): 1.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座]) [継承]
カテゴリ (必須): 教育 [継承]
題名 (必須): (英)   (日) 教訓や大地震被害紹介 防災啓発番組を制作 テレビトクシマきょうから放送   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 南海トラフ巨大地震など大規模災害に備えた防災・減災対策の重要性を徳島県民に知ってもらおうと,一般社団法人県測量設計業協会(齋藤恒範会長)が防災啓発のテレビ番組を制作した.番組は1本15分で計6回を予定しており,第1回を12日にケーブルテレビ徳島(テレビトクシマ)で放送する. 「徳島の環境 防災まちづくり∼わたしたちの防災」のタイトルで,協会が社会貢献活動の一環として制作費を負担した.徳島大学環境防災研究センターが監修し,県も各種資料を提供した.撮影はエフエムびざんが担当している. 第1回は,徳島大の村上仁士名誉教授と同センターの中野晋副センター長が,国内最古の地震津波碑とされる美波町東由岐の「康暦の碑」など,過去の南海地震の津波被害を伝える石碑を訪ね,先人が石に刻んでまで残そうとした子孫への教訓を解説する. 番組は毎週土,日曜日に放送.2015年5月まで2カ月ごとに内容を更新し,04年に那賀町で大きな被害をもたらした豪雨災害や阪神大震災などを取り上げる.建物の耐震化と防災訓練の必要性を訴え,最新の地震観測技術も紹介する. 放送地域は徳島市や佐那河内など2市8町村だが,他のケーブルテレビ会社から要請があれば番組を提供することも検討する.齋藤会長は「番組を見て県民一人一人が身近な対策から取り組んでほしい」と話した.   [継承]
年月日 (必須): 西暦 2014年 7月 12日 (平成 26年 7月 12日) [継承]
備考 (任意): 1.(英)   (日) 朝刊30面   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ●
欧文冊子 ●

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.52, Max(EID) = 376442, Max(EOID) = 1008189.