『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=277584)

EID=277584EID:277584, Map:0, LastModified:2021年4月12日(月) 13:45:45, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[井上 貴文], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
(必須): (英) Inoue (日) 井上 (読) いのうえ [継承]
(必須): (英) Takafumi (日) 貴文 (読) たかふみ [継承]
ミドルネーム (任意):
生年月日 (推奨):
性別 (推奨): 男性 [継承]
学位 (推奨): 1.博士 [継承]
学位名称 (推奨): 1. (英) (日) 博士(工学) (読) はかせこうがく
授与組織 (推奨): 徳島大学 [継承]
授与年月日 (推奨): 西暦 2014年 3月 初日 (平成 26年 3月 初日) [継承]
[継承]
出身大学 (推奨): 徳島大学
卒業年月日 (推奨): 西暦 2009年 3月 初日 (平成 21年 3月 初日) [継承]
[継承]
出身大学2 (推奨): 徳島大学
修士課程修了年月日 (推奨): 西暦 2011年 3月 初日 (平成 23年 3月 初日) [継承]
[継承]
出身大学3 (推奨): 徳島大学
博士課程修了年月日 (推奨): 西暦 2014年 3月 初日 (平成 26年 3月 初日) [継承]
[継承]
肩書 (必須): 1.(期間: 2014年4月 1日〜2021年3月 31日)  助教 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
所属 (必須): 1.(期間: 2017年4月 1日〜2021年3月 31日)  徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野 (2017年4月1日〜) [継承]
2.(期間: 2016年4月 1日〜2021年3月 31日)  徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座 (2016年4月1日〜) [継承]
3.(期間: 2016年4月 1日〜2017年3月 31日)  徳島大学.大学院理工学研究部.理工学部門.社会基盤デザイン系.構造・材料分野 (2016年4月1日〜2017年3月31日) [継承]
4.(期間: 2014年4月 1日〜2016年3月 31日)  徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.エコシステムデザイン部門.社会基盤システム工学 (〜2016年3月31日) [継承]
5.(期間: 〜2016年3月 31日)  徳島大学.工学部.建設工学科.建設構造工学講座 [継承]
6.(期間: 〜2016年3月 31日)  徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.建設構造工学講座 (2006年4月1日〜) [継承]
電子メール (必須):
電話 (推奨):
電話2 (推奨):
電話3 (任意):
FAX (任意):
国籍 (推奨):
本籍 (推奨):
郵便番号 (任意):
住所 (任意):
部屋 (推奨):
オフィスアワー (推奨):
統合認証ID (推奨):
科研番号 (推奨):
SPAS-ID (推奨):
職員番号 (推奨):
学務教員ID (推奨):
パスワード (任意): **** [ユーザ]
証明書 (任意):
URL (任意):
顔写真 (推奨):
WOS (任意):
Scopus (任意): 1.57069334800 [継承]
Researchmap (推奨):
ORCID (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) R3.3.31 退職(社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野)   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● [氏名] 井上 貴文, Takafumi Inoue, [Email] (電子メール), [職名・学位] (肩書)・博士(工学), [専門分野] 耐震工学, [所属学会] 社団法人 土木學會社団法人 地盤工学会社団法人 日本建築学会, [社会活動] , [研究テーマ] 橋梁構造物の地震応答評価, [キーワード] 道路橋, 非線形動的相互作用, 直接基礎の浮き上がり, 地盤の非線形化, 橋脚の断面力低減効果, マクロエレメントモデル, [共同研究可能テーマ] (@.collaborate)
欧文冊子 ● [Name] Takafumi Inoue, [Email] (電子メール), [Title, Degree] (肩書)博士(工学), [Field of Study] Seismic Engineering, [Academic Society] Japan Society of Civil EngineersThe Japanese Geotechnical SocietyArchitectural Institute of Japan, [Social Activity] , [Theme of Study] 橋梁構造物の地震応答評価, [Keyword] highway bridge, 非線形動的相互作用, 直接基礎の浮き上がり, 地盤の非線形化, 橋脚の断面力低減効果, マクロエレメントモデル, [Collaboratible] (@.collaborate)

関連情報

この個人(井上 貴文)を参照している情報

閲覧【学会活動】…(3) 閲覧【共同研究】…(10) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【賞】…(1)
閲覧【組織】…(9) 閲覧【担当授業】…(7) 閲覧【著作】…(45) 閲覧【履歴】…(3)

この個人(井上 貴文)が所有している情報

閲覧【学会活動】…(3) 閲覧【研究】…(2) 閲覧【個人】…(1) 閲覧【賞】…(1)
閲覧【担当授業】…(7) 閲覧【著作】…(27) 閲覧【履歴】…(3)

この個人(井上 貴文)が権限を持つ情報

閲覧【学会活動】…(3) 閲覧【共同研究】…(10) 閲覧【研究】…(2) 閲覧【賞】…(1)
閲覧【担当授業】…(7) 閲覧【著作】…(47) 閲覧【履歴】…(3)
Number of session users = 0, LA = 1.18, Max(EID) = 375653, Max(EOID) = 1006529.