『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=274206)

EID=274206EID:274206, Map:0, LastModified:2015年11月27日(金) 15:58:43, Operator:[山中 絹代], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[右手 浩一], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 博士後期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Keisuke Sogabe (日) 曽我部 啓介 (読) そがべ けいすけ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.右手 浩一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Analysis of the End Groups in Derivatized Poly(lactic acid) and the Junction Unit in Chain-extended Poly(lactic acid) by DOSY  (日) 誘導体化ポリ乳酸の末端基及び鎖延長したポリ乳酸の接合部位のDOSYによる分析   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) The hydroxyl and carboxyl end-groups in poly(lactic acid) (PLA) were derivatized with trimethylsilylation or trifluoroacetylation to be detected by 1H DOSY or 19F DOSY with enhanced sensitivity. The diffusion coefficients (D) for the derivatized end-groups of PLA in a chloroform-d solution were determined by 1H and 19F DOSY analysis; the values agreed well with each other. The D values for the end groups were found to be larger than those for the methyl and methine groups in repeating units of the PLA. The relative intensity of the 1H DOSY resonances due to the trimethylsilyl end-group and the main-chain methyl group allowed us to evaluate the dependence of the degree of polymerization on D. 1H DOSY analysis of PLA treated with diphenylmethane diisocyanate (MDI) was also carried out to determine D for the junction unit in the PLA. The result clearly indicated that the molecular weight of the PLA increased by the reaction of MDI and the hydroxyl end-groups.  (日) ポリ乳酸(PLA)の末端に存在するヒドロキシ基及びカルボキシ基を1H Diffusion Ordered Spectroscopy(DOSY)及び19F DOSYで感度よく検出するために,簡便な方法でトリメチルシリル化またはトリフルオロアセチル化した.誘導体化されたPLA末端の重クロロホルム溶液中の拡散係数(D)は,1H DOSY及び19F DOSYのいずれで測定してもよく一致し,それらはPLA主鎖のメチル基やメチン基のDより大きかった.また,主鎖メチル基と末端トリメチルシリル基の1H DOSYにおける積分強度比から,Dの変化にともなう重合度の変化を算出し,この方法で求めた分子量分布の妥当性を検証した.ポリマー鎖中の微量成分を1H DOSYで分析するもう一つの例として,ヒドロキシ末端とジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)を反応させて鎖延長したPLAの測定を行った.鎖延長PLAの接合部に存在するMDI単位のDは,主鎖のDに比べて大きな値を示した.これらのDは元のPLAの末端及び主鎖のDよりそれぞれ小さく,鎖延長による分子量の増大が確認できた.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) diffusion coefficient (日) (読) [継承]
2. (英) molecular weight distribution (日) (読) [継承]
3. (英) trimethylsilylation (日) (読) [継承]
4. (英) trifluoroacetylation (日) (読) [継承]
5. (英) diisocyanate (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) The Japan Society for Analytical Chemistry (日) (読) [継承]
誌名 (必須): 分析化学 ([日本分析化学会])
(pISSN: 0525-1931)

ISSN (任意): 0525-1931
ISSN: 0525-1931 (pISSN: 0525-1931)
Title: 分析化学
Supplier: 公益社団法人日本分析化学会
Publisher: Japan Society for Analytical Chemistry
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 63 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 93 99 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2014年 2月 1日 (平成 26年 2月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/130003391224/ [継承]
DOI (任意): 10.2116/bunsekikagaku.63.93    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 130003391224 [継承]
WOS (任意): 000331990300003 [継承]
Scopus (任意): 2-s2.0-84940307848 [継承]
機関リポジトリ (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 曽我部 啓介, 右手 浩一 : 誘導体化ポリ乳酸の末端基及び鎖延長したポリ乳酸の接合部位のDOSYによる分析, 分析化学, Vol.63, No.2, 93-99, 2014年.
欧文冊子 ● Sogabe Keisuke and Koichi Ute : Analysis of the End Groups in Derivatized Poly(lactic acid) and the Junction Unit in Chain-extended Poly(lactic acid) by DOSY, Bunseki Kagaku, Vol.63, No.2, 93-99, 2014.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.59, Max(EID) = 348694, Max(EOID) = 936700.