『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=264156)

EID=264156EID:264156, Map:0, LastModified:2013年8月30日(金) 12:14:39, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[丹黒 章], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): その他·研究会 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) (日) 岩見 誠治 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.芥川 正武 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.榎本 崇宏 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.小中 信典
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.木内 陽介
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.森本 忠興
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.丹黒 章 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.岡﨑 憲二
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9. (英) (日) 安野 恵美子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) (日) 猪子 拓人 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11. (英) (日) 高橋 知也 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 浅部腫瘍生体組織インピーダンス測定のための電極配置について   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 異物(診断) (読) [継承]
発行所 (推奨):
誌名 (必須): 電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス) ([電子情報通信学会])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 112 [継承]
(必須): 123 [継承]
(必須): 25 29 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2012年 0月 初日 (平成 24年 0月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英) %D: 2012  (日)    [継承]
2.(英)   (日) %O: 原著論文/日本語   [継承]
3.(英)   (日) %X: 過去の研究によって,生体組織の電気抵抗が正常組織と悪性腫瘍とで違いがあることがわかっている.これまで開発してきた装置は測定電極を固定しているものだった.本研究では生体等価回路モデルを利用しシミュレーションを行い電極配置の違いによって測定への影響について調べることである.生体等価回路を用いてシミュレーションを行った結果,浅部腫瘍生体組織インピーダンス測定において有効と思われる電極配置を提示した.(著者抄録)   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 岩見 誠治, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 小中 信典, 木内 陽介, 森本 忠興, 丹黒 章, 岡﨑 憲二, 安野 恵美子, 猪子 拓人, 高橋 知也 : 浅部腫瘍生体組織インピーダンス測定のための電極配置について, 電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.112, No.123, 25-29, 2012年(0月).
欧文冊子 ● 岩見 誠治, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Shinsuke Konaka, Yohsuke Kinouchi, Tadaoki Morimoto, Akira Tangoku, Kenji Okazaki, 安野 恵美子, 猪子 拓人 and 高橋 知也 : 浅部腫瘍生体組織インピーダンス測定のための電極配置について, IEICE Technical Report (MBE), Vol.112, No.123, 25-29, (month)2012.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.18, Max(EID) = 372500, Max(EOID) = 996244.