『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=260462)

EID=260462EID:260462, Map:0, LastModified:2014年12月1日(月) 22:14:29, Operator:[芥川 正武], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[芥川 正武], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): その他·研究会 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨): 依頼 [継承]
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 博士前期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.生命機能工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Iwami Seiji (日) 岩見 誠治 (読) いわみ せいじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.芥川 正武 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.榎本 崇宏 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.小中 信典
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.木内 陽介
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.森本 忠興
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.丹黒 章 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.岡﨑 憲二
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.安野 恵実子 ([阿南工業高等専門学校.制御情報工学科]/[工学研究科.システム工学専攻])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) Inoko Takuto (日) 猪子 拓人 (読) いのこ たくと
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11. (英) Takahashi Tomoya (日) 高橋 知也 (読) たかはし ともや
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Investigation of electrode arrangement for the bioimpedance measurement of tumor tissue  (日) 浅部腫瘍生体組織インピーダンス測定のための電極配置について   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Electrical resistance of normal tissue is different to electrical resistance of malignant tissue that is known by past study. A fixed measuring electrode device has so far been developed. In this study, we investigated the effect of measurement of different in electrode placement using the biological equivalent circuit model. As results of simulation using the biological equivalent circuit, the pr esented electrode arrangement seems to be effective in bio impedance measurement of tumor tissue.  (日) 過去の研究によって,生体組織の電気抵抗が正常組織と悪性腫瘍とで違いがあることがわかっている.これまで開発してきた装置は測定電極を固定しているものだった.本研究では生体等価回路モデルを利用しシミュレーションを行い電極配置の違いによっての測定への影響について調ベることである.生体等価回路を用いてシミュレーションを行った結果,浅部腫瘍生体組織インピーダンス測定において有効と思われる電極配置を提示した.   [継承]
キーワード (推奨): 1.シミュレーション (simulation) [継承]
2. (英) electrode arrangement (日) 電極配置 (読) でんきょくはいち [継承]
3. (英) biological equivalent circuit model (日) 生体等価回路モデル (読) せいたいとうかかいろもでる [継承]
発行所 (推奨): 電子情報通信学会 [継承]
誌名 (必須): 電子情報通信学会技術研究報告 ([電子情報通信学会])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 112 [継承]
(必須): 123 [継承]
(必須): 25 29 [継承]
都市 (必須): 岡山 (Okayama/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2012年 7月 13日 (平成 24年 7月 13日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 岩見 誠治, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 小中 信典, 木内 陽介, 森本 忠興, 丹黒 章, 岡﨑 憲二, 安野 恵実子, 猪子 拓人, 高橋 知也 : 浅部腫瘍生体組織インピーダンス測定のための電極配置について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.123, 25-29, 2012年7月.
欧文冊子 ● Seiji Iwami, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Shinsuke Konaka, Yohsuke Kinouchi, Tadaoki Morimoto, Akira Tangoku, Kenji Okazaki, Emiko Yasuno, Takuto Inoko and Tomoya Takahashi : Investigation of electrode arrangement for the bioimpedance measurement of tumor tissue, IEICE Technical Report, Vol.112, No.123, 25-29, July 2012.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.99, Max(EID) = 372548, Max(EOID) = 996414.