『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=25820)

EID=25820EID:25820, Map:0, LastModified:2004年9月17日(金) 09:16:43, Operator:[鈴木 良尚], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[鈴木 良尚], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質機能化学講座 [継承]
種別 (必須): 特許 [継承]
出願国 (必須):
発明者 (必須): 1.澤田 勉 ([独立行政法人 物質·材料研究機構])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.鈴木 良尚 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
出願人 (推奨):
名称 (必須): (英)   (日) コロイド結晶,並びにゲル化コロイド結晶の形成方法,及びこれに基づく コロイド結晶素子,ゲル化コロイド結晶素子,並びにコロイド結晶シートの作製方法と, 作製されるコロイド結晶素子,ゲル化コロイド結晶素子,並びにコロイド結晶シート   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 【要約】 【課題】 三次元的な均一性に優れた組織を有するコロイド結晶を形成可能とする. 【解決手段】 体積分率による粒子濃度が5∼70%の間にあり,コロイド結晶状態をとっている単分散粒子溶液にせん断流動を与え,これに引き続き,単分散粒子溶液を平行に相対する二つの平滑な基板面(11a,11b)に挟まれた空間内で基板面に平行に一軸方向(3)に流動させた後,静止させ,三次元的な均一性に優れた組織を有するコロイド結晶を形成させる.   [継承]
キーワード (推奨):
出願 (必須): 2000-217660
出願年月日 (必須): 西暦 2000年 7月 18日 (平成 12年 7月 18日) [継承]
[継承]
開示 (必須):
番号 (必須): 3533442 [継承]
年月日 (必須): 西暦 2004年 3月 19日 (平成 16年 3月 19日) [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 澤田 勉, 鈴木 良尚 : コロイド結晶,並びにゲル化コロイド結晶の形成方法,及びこれに基づく コロイド結晶素子,ゲル化コロイド結晶素子,並びにコロイド結晶シートの作製方法と, 作製されるコロイド結晶素子,ゲル化コロイド結晶素子,並びにコロイド結晶シート, 特願2000-217660 (2000年7月), (開示), 特許第3533442号 (2004年3月).
欧文冊子 ● Tsutomu Sawada and Yoshihisa Suzuki : コロイド結晶,並びにゲル化コロイド結晶の形成方法,及びこれに基づく コロイド結晶素子,ゲル化コロイド結晶素子,並びにコロイド結晶シートの作製方法と, 作製されるコロイド結晶素子,ゲル化コロイド結晶素子,並びにコロイド結晶シート, 2000-217660 (July 2000), (開示), 3533442 (March 2004).

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.42, Max(EID) = 374184, Max(EOID) = 1002078.