『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=253590)

EID=253590EID:253590, Map:0, LastModified:2012年8月17日(金) 14:48:57, Operator:[田中 栄二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[田中 栄二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.口腔顎顔面矯正学 (2004年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
2.徳島大学.病院.診療科.矯正歯科 (2003年10月1日〜) [継承]
3.口腔外科学 (2004年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.川上 恵実
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.堀内 信也 ([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.松田 りえ ([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.内田 玲子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.黒田 晋吾
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.宮本 洋二 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) (日) 天真 覚 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.田中 栄二 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 骨格性開咬症に対する下顎骨の反時計方向を伴う外科的下顎骨移動術の長期安定性:15年経過症例   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第70回日本矯正歯科学会学術大会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 322 322 [継承]
都市 (必須): 名古屋 (Nagoya/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2011年 10月 17日 (平成 23年 10月 17日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 川上 恵実, 堀内 信也, 松田 りえ, 内田 玲子, 黒田 晋吾, 宮本 洋二, 天真 覚, 田中 栄二 : 骨格性開咬症に対する下顎骨の反時計方向を伴う外科的下顎骨移動術の長期安定性:15年経過症例, 第70回日本矯正歯科学会学術大会, 322, 2011年10月.
欧文冊子 ● Emi Kawakami, Shinya Horiuchi, Rie Matsuda, Ryoko Uchida, Shingo Kuroda, Youji Miyamoto, 天真 覚 and Eiji Tanaka : 骨格性開咬症に対する下顎骨の反時計方向を伴う外科的下顎骨移動術の長期安定性:15年経過症例, 第70回日本矯正歯科学会学術大会, 322, Oct. 2011.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.44, Max(EID) = 361877, Max(EOID) = 968232.