『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=253199)

EID=253199EID:253199, Map:0, LastModified:2017年12月4日(月) 13:59:57, Operator:[[ADMIN]], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[埴淵 昌毅], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨): 依頼 [継承]
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.医学部.医学科.生体防御腫瘍医学講座.呼吸器・膠原病内科学分野 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Fujioka Keisuke (日) 藤岡 啓介 (読) ふじおか けいすけ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.西條 敦郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.豊田 優子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.柿内 聡司
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.埴淵 昌毅
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.吾妻 雅彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.竹内 恭子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.藤井 志朗 ([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.中村 信元 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) Utaka Kengo (日) 宇高 憲吾 (読) うたか けんご
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.賀川 久美子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12.安倍 正博 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13.水谷 友哉
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
14.西岡 安彦 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.呼吸器・膠原病内科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 皮膚ランダム生検が診断に有用であった血管内リンパ腫の一例   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) A62‐year‐old woman was referred to our hospital for further examination of fever of unknownorigin, splenomegaly and pancytopenia. On admission, she had persistent fever and psychologicalsymptoms. Blood examination showed pancytopenia and elevated level of LDH, soluble IL‐2receptorand ferritin. Computed tomography showed multiple low density areas in the spleen, but no systemiclymphadenopathy. In magnetic resonance imaging of the pons, a low and high intensity area onT1‐and T2‐weighted image, respectively, was detected. Taken together these findings, she wassuspected to have hepatosplentic T-cell lymphoma or intravascular large B-cell lymphoma. To makea definite diagnosis, random skin biopsy was performed. Immunohistochemical stainings revealedthe massive infiltration of CD20‐and CD79α‐positive large lymphoid cells inside the vessels, whichyielded the diagnosis of intravascular large B-cell lymphoma.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) fever of unknown origin (日) (読) [継承]
2. (英) intravascular large B-cell lymphoma (日) (読) [継承]
3. (英) random skin biopsy (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): 徳島医学会 [継承]
誌名 (必須): 四国医学雑誌 ([徳島医学会])
(pISSN: 0037-3699)

ISSN (任意): 0037-3699
ISSN: 0037-3699 (pISSN: 0037-3699)
Title: 四国医学雑誌
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Igakkai
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 67 [継承]
(必須): 5,6 [継承]
(必須): 257 262 [継承]
都市 (任意): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2011年 12月 25日 (平成 23年 12月 25日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/40019180117/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 40019180117 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ : 97858 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 藤岡 啓介, 西條 敦郎, 豊田 優子, 柿内 聡司, 埴淵 昌毅, 吾妻 雅彦, 竹内 恭子, 藤井 志朗, 中村 信元, 宇高 憲吾, 賀川 久美子, 安倍 正博, 水谷 友哉, 西岡 安彦 : 皮膚ランダム生検が診断に有用であった血管内リンパ腫の一例, 四国医学雑誌, Vol.67, No.5,6, 257-262, 2011年.
欧文冊子 ● Keisuke Fujioka, Atsuro Saijo, Yuko Toyoda, Souji Kakiuchi, Masaki Hanibuchi, Masahiko Azuma, Kyoko Takeuchi, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Kengo Utaka, Kumiko Kagawa, Masahiro Abe, Tomoya Mizutani and Yasuhiko Nishioka : 皮膚ランダム生検が診断に有用であった血管内リンパ腫の一例, Shikoku Acta Medica, Vol.67, No.5,6, 257-262, 2011.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.35, Max(EID) = 383950, Max(EOID) = 1026997.