『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=251444)

EID=251444EID:251444, Map:0, LastModified:2019年9月2日(月) 08:08:33, Operator:[古屋 玲], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[古屋 玲], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
(必須): (英) Furuya (日) 古屋 (読) ふるや [継承]
(必須): (英) Ray (日)(読) れい [継承]
ミドルネーム (任意): (英) S. (日) (読) [継承]
生年月日 (推奨): **** [学内]
性別 (推奨): 男性 [継承]
学位 (推奨): 1.博士 [継承]
学位名称 (推奨): 1. (英) PhD (日) 学術博士 (読)
授与組織 (推奨): (英) Department of Astronomy, the Graduate University for Advanced Studies (日) 総合研究大学院大学数物科学研究科天文学専攻 (読) [継承]
授与年月日 (推奨): 西暦 2000年 3月 初日 (平成 12年 3月 初日) [継承]
[継承]
出身大学 (推奨): (英) (日) 鹿児島大学理学部物理学科 (読)
卒業年月日 (推奨): 西暦 1995年 3月 初日 (平成 7年 3月 初日) [継承]
[継承]
出身大学2 (推奨): (英) (日) 茨城大学理学研究科自然機能科学科 (読)
修士課程修了年月日 (推奨): 西暦 1997年 3月 初日 (平成 9年 3月 初日) [継承]
[継承]
出身大学3 (推奨): (英) (日) 総合研究大学院大学数物科学研究科天文学専攻 (読)
博士課程修了年月日 (推奨): 西暦 2000年 3月 初日 (平成 12年 3月 初日) [継承]
[継承]
肩書 (必須): 1.(期間: 2014年10月 1日〜)  准教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
2.(期間: 2012年7月 18日〜2014年9月 30日)  特任准教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
所属 (必須): 1.(期間: 2016年4月 1日〜)  徳島大学.教養教育院 (2016年4月1日〜) [継承]
2.(期間: 2016年4月 1日〜2017年3月 31日)  汎用的技能教育分野 (2016年4月1日〜2017年3月31日) [継承]
3.(期間: 2015年4月 1日〜2016年3月 31日)  教養教育院(仮称)設置準備室 (2014年10月1日〜2016年3月31日) [継承]
4.(期間: 2012年7月 18日〜2015年3月 31日)  全学共通教育センター (〜2016年3月31日) [継承]
電子メール (必須): ŗśf (@tōkūśhīmā-ū ₍.₎ āċ ₍.₎ jp [継承]
電話 (推奨): **** [学内]
電話2 (推奨): **** [学内]
電話3 (任意):
FAX (任意):
国籍 (推奨): **** [職員]
本籍 (推奨):
郵便番号 (任意):
住所 (任意):
部屋 (推奨): (英) (日) 総合科学部1号館3M12 (読) [継承]
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 附属図書館SSSでの学習支援に毎週2回参加しています. SSSのスケジュールを参照してください.   [継承]
統合認証ID (推奨):
科研番号 (推奨):
SPAS-ID (推奨):
職員番号 (推奨):
学務教員ID (推奨):
パスワード (任意): **** [ユーザ]
証明書 (任意): CertificateEDB/PKI 2nd Generation Certificate
countryName (C) = "JP"
stateOrProvinceName (ST) = "Tokushima"
localityName (L) = "Tokushima City"
organizationName (O) = "The University of Tokushima"
organizationalUnitName (OU) = "EDB"
commonName (CN) = "S251444"
emailAddress = "ŗśf (@tōkūśhīmā-ū ₍.₎ āċ ₍.₎ jp"
[継承]
URL (任意):
顔写真 (推奨): 古屋 玲 ([顔写真]) [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意): 1.7005566228 [継承]
Researchmap (推奨):
ORCID (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● [氏名] 古屋 玲, Ray Furuya, [Email] rsf@tokushima-u.ac.jp, [職名・学位] 准教授・学術博士, [専門分野] 天文学, [所属学会] 国際天文学連合 正会員・日本天文学会 正会員・日本学術会議 電気電子工学URSI分科会電波天文学小委員会・宇宙電波懇談会 運営委員会・日本天文学会 キャリア支援委員会・日本天文学会秋季年会天文教育フォーラム実行委員会・2017年度 宇宙電波懇談会シンポジウム「未来を拓く技術開発とその将来展望」世話人・2016年度宇宙電波懇談会シンポジウム「若手研究者の本音とシニア層の本音:研究の多様性と深さを今後も追求するために」世話人・国立天文台研究集会 :「星形成と銀河構造における磁場の役割」・2016年度第6回DTA(国立天文台理論研究部)シンポジウム「星形成を軸に俯瞰する磁場の役割とその観測的検証」・国立天文台・アルマワークショップ「磁場は星形成過程のどの進化段階を律速しているのか?」・日本天文学会 キャリア支援委員会・委員長, [社会活動] , [研究テーマ] (@.theme), [キーワード] 電波天文学, 赤外線天文学, 星形成過程, 星間物質, 銀河の進化, 分子や原子輝線の励起機構, 干渉計技術, データ処理アルゴリズム, [共同研究可能テーマ] (@.collaborate)
欧文冊子 ● [Name] Ray Furuya, [Email] rsf@tokushima-u.ac.jp, [Title, Degree] Associate Professor・PhD, [Field of Study] Astronomy, [Academic Society] 国際天文学連合 正会員日本天文学会 正会員日本学術会議 電気電子工学URSI分科会電波天文学小委員会宇宙電波懇談会 運営委員会日本天文学会 キャリア支援委員会日本天文学会秋季年会天文教育フォーラム実行委員会2017年度 宇宙電波懇談会シンポジウム「未来を拓く技術開発とその将来展望」世話人2016年度宇宙電波懇談会シンポジウム「若手研究者の本音とシニア層の本音:研究の多様性と深さを今後も追求するために」世話人国立天文台研究集会 :「星形成と銀河構造における磁場の役割」2016年度第6回DTA(国立天文台理論研究部)シンポジウム「星形成を軸に俯瞰する磁場の役割とその観測的検証」国立天文台・アルマワークショップ「磁場は星形成過程のどの進化段階を律速しているのか?」日本天文学会 キャリア支援委員会・委員長, [Social Activity] , [Theme of Study] (@.theme), [Keyword] 電波天文学, 赤外線天文学, 星形成過程, 星間物質, 銀河の進化, 分子や原子輝線の励起機構, 干渉計技術, データ処理アルゴリズム, [Collaboratible] (@.collaborate)

関連情報

この個人(古屋 玲)を参照している情報

閲覧【学会活動】…(12) 閲覧【共同研究】…(12) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【集会】…(10)
閲覧【組織】…(9) 閲覧【著作】…(88) 閲覧【履歴】…(17)

この個人(古屋 玲)が所有している情報

閲覧【画像】…(2) 閲覧【学会活動】…(14) 閲覧【共同研究】…(12) 閲覧【研究】…(2)
閲覧【個人】…(1) 閲覧【集会】…(10) 閲覧【著作】…(81) 閲覧【履歴】…(21)

この個人(古屋 玲)が権限を持つ情報

閲覧【学会活動】…(14) 閲覧【共同研究】…(12) 閲覧【研究】…(2) 閲覧【集会】…(10)
閲覧【組織】…(1) 閲覧【著作】…(92) 閲覧【履歴】…(19)
Number of session users = 1, LA = 0.78, Max(EID) = 366294, Max(EOID) = 981059.