『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=25080)

EID=25080EID:25080, Map:0, LastModified:2019年8月15日(木) 12:49:50, Operator:[川田 昌武], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[川田 昌武], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
(必須): (英) Kawada (日) 川田 (読) かわだ [継承]
(必須): (英) Masatake (日) 昌武 (読) まさたけ [継承]
ミドルネーム (任意):
生年月日 (推奨): **** [学内]
性別 (推奨): 男性 [継承]
学位 (推奨): 1.博士 [継承]
学位名称 (推奨): 1. (英) Dr.(Eng) (日) 博士(工学) (読)
授与組織 (推奨): 大阪大学 [継承]
授与年月日 (推奨): 西暦 1998年 3月 末日 (平成 10年 3月 末日) [継承]
[継承]
出身大学 (推奨): (英) Tokyo City University (日) 東京都市大学 (読) とうきょうとしだいがく
卒業年月日 (推奨): 西暦 1993年 3月 末日 (平成 5年 3月 末日) [継承]
[継承]
出身大学2 (推奨): (英) Tokyo City University, Graduate School (日) 東京都市大学大学院 (読) とうきょうとしだいがくだいがくいん
修士課程修了年月日 (推奨): 西暦 1995年 3月 末日 (平成 7年 3月 末日) [継承]
[継承]
出身大学3 (推奨): (英) Osaka University, Graduate School (日) 大阪大学大学院 (読) おおさかだいがくだいがくいん
博士課程修了年月日 (推奨): 西暦 1998年 3月 末日 (平成 10年 3月 末日) [継承]
[継承]
肩書 (必須): 1.(期間: 2016年4月 1日〜)  教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
2.(期間: 2007年4月 1日〜2016年3月 31日)  准教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
3.(期間: 2003年11月 1日〜2007年3月 31日)  助教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日) [継承]
所属 (必須): 1.(期間: 2017年4月 1日〜)  徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野 (2017年4月1日〜) [継承]
2.(期間: 2016年4月 1日〜)  徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座 (2016年4月1日〜) [継承]
3.(期間: 2016年4月 1日〜2017年3月 31日)  電気エネルギー分野 (2016年4月1日〜2017年3月31日) [継承]
4.(期間: 〜2016年3月 31日)  エネルギー応用工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
5.(期間: 〜2016年3月 31日)  徳島大学.工学部.電気電子工学科.電気エネルギー講座 [継承]
6.(期間: 〜2016年3月 31日)  徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース.電気エネルギー講座 (2006年4月1日〜) [継承]
電子メール (必須): [継承]
電話 (推奨): **** [学内]
電話2 (推奨): **** [学内]
電話3 (任意): **** [職員]
FAX (任意): **** [学内]
国籍 (推奨): **** [職員]
本籍 (推奨): **** [職員]
郵便番号 (任意): **** [職員]
住所 (任意): **** [職員]
部屋 (推奨): (英) Eelctrica Eng Buiding 2F North, # B-10 (日) E棟2階北 B-10 (読) [継承]
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) (水)(木) 16:00-17:00   [継承]
統合認証ID (推奨):
科研番号 (推奨):
SPAS-ID (推奨):
職員番号 (推奨):
学務教員ID (推奨):
パスワード (任意): **** [ユーザ]
証明書 (任意): RevokedEDB/PKI 1st Generation Certificate
countryName (C) = "JP"
stateOrProvinceName (ST) = "Tokushima"
localityName (L) = "Tokushima City"
organizationName (O) = "The University of Tokushima"
organizationalUnitName (OU) = "EDB"
commonName (CN) = "S25080"
emailAddress = "kāwāđā (@ėė ₍.₎ tōkūśhīmā-ū ₍.₎ āċ ₍.₎ jp"
[継承]
URL (任意):
顔写真 (推奨): 川田昌武@電気電子工学科電気エネルギー講座 ([顔写真]) [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意): 1.7101783429 [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● [氏名] 川田 昌武, Masatake Kawada, [Email] (電子メール), [職名・学位] 教授・博士(工学), [専門分野] 電力工学, センシング工学, 信号画像処理工学, [所属学会] 米国電気電子工学会(2000.1 - )・IEEE 四国支部・電気学会・日本健康行動科学会・電気学会・四国支部・2011年 電気関係学会四国支部連合大会実行委員会・電気学会・電気学会・電力分野におけるEMC課題調査専門委員会・電子情報通信学会·第3種ソフトプロセッシング研究専門委員会・電気学会・電力設備の絶縁材料から見た劣化診断技術調査専門委員会・電気学会・電磁界の生体防護ガイドラインおよび適合性評価技術動向調査専門委員会・高速信号処理応用技術学会・2013年 電気関係学会四国支部連合大会・電気学会(1994.8-2013.3)・2014年 電気関係学会四国支部連合大会・2016年 電気関係学会四国支部連合大会, [社会活動] 徳島電気技術協会・社団法人 電気協同研究会・地中送電設備の劣化診断技術とアセットマネジメント専門委員会・社団法人 電気協同研究会・地中送電ケーブルの保全技術専門委員会・大学電気工学教育研究集会・社団法人 電気協同研究会・CVケーブル設備の設計技術専門委員会・徳島電気技術協会・東京電力パワーグリッド株式会社「新座洞道火災事故検証委員会」, [研究テーマ] 電磁波センシング技術及び知能型信号画像処理技術による電力機器設備診断技術の開発, 環境·生体電磁計測, ヒト脳内電磁現象可視化, 電磁波センシング技術による超電導磁気浮上式鉄道(超電導リニア)の地上コイル診断技術の開発, [キーワード] 電磁波センシング技術, 信号画像処理, 絶縁劣化診断, 計算電磁気学, 脳電磁情報, [共同研究可能テーマ] 電磁波センシング技術による絶縁劣化診断, 知能型信号·画像処理手法の産業応用, 生体情報計測·解析
欧文冊子 ● [Name] Masatake Kawada, [Email] (電子メール), [Title, Degree] Professor・Dr.(Eng), [Field of Study] Electric Power Engineering, Sensing Engineering, Signal and Image Processing Engineering, [Academic Society] Institute of Electrical and Electronics Engineers(2000.1 - )・IEEE Shikoku Section・The Institute of Electrical Engineers of Japan・Health and Behavior Science・IEEJ Shikoku Section・Shikoku-section Joint Convention of the 2011 Institutes of Electrical and related Engineers・The Institute of Electrical Engineers of Japan・IEEJ Deputy Secretary of Special Committee on Problems of Electromagnetic・Research Committee of Soft Processing of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers・Special Committee of Diagnosis Techniques for Insulating Materials of Power Equipment of IEEJ・Special Committee on Security Guideline for Biological Effect of Electromagnetic Fields on Living Body and Trend of Evaluation Techniques for Compatibility・Society of Signal Processing Applications and Technology of・Shikoku-section Joint Convention of the 2013 Institutes of Electrical and related Engineers・The Institute of Electrical Engineers of Japan (1994.8-2013.3)・Shikoku-section Joint Convention of the 2014 Institutes of Electrical and related Engineers・Shikoku-section Joint Convention of the 2016 Institutes of Electrical and related Engineers, [Social Activity] 徳島電気技術協会・Committee of Diagnostic Technologies and Asset Management for Underground Transmission Facilities, Electric Technology Research Association・Committee of Mainenance Methods for Underground Transmission Cable Systems, Electric Technology Research Association・Assembly on Educaiton for Electrical Engineering in University・Committee of Techniques for Designing CV Cable Equipment, Electric Technology Research Association・徳島電気技術協会・Investigation Commission on the Niiza Cable Tunnel Accident, TEPCO Power Grid, Inc.,, [Theme of Study] Development of Diagnostic Technique for Electric Power Equipment and Facilities using Radio Sensing, Intelligent Signal and Image Processing, Measurement of Environment Electromagnetic Field and Bioelectromagnetics, Visualization of Electromagnetic Phenomena inside Human Brain, Development of Diagnositic Technique for Ground Coil of Supercconducting Maglev by using Remote Sensing, [Keyword] Radio Sensing Techniques, signal and image processing, insulation diagnosis, computational electromagnetics, brain electromagnetic information, [Collaboratible] Diagnosis of Insulation Degradaton using Radio Sensing, Intelligent Signal and Image Processing for Industrial Applications, Mesurement and Analysis of Biological Information

関連情報

この個人(川田 昌武)を参照している情報

閲覧【オープンキャンパス】…(5) 閲覧【学位論文】…(162) 閲覧【学生派遣】…(6) 閲覧【学会活動】…(16)
閲覧【擬人】…(2) 閲覧【共同研究】…(31) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【研究員受入】…(2)
閲覧【研究活動】…(43) 閲覧【社会活動】…(7) 閲覧【授業概要】…(76) 閲覧【授業テーマ】…(8)
閲覧【賞】…(24) 閲覧【組織】…(11) 閲覧【担当授業】…(161) 閲覧【著作】…(224)
閲覧【特許・実用新案】…(4) 閲覧【役歴】…(19) 閲覧【履歴】…(10)

この個人(川田 昌武)が所有している情報

閲覧【オープンキャンパス】…(4) 閲覧【学位論文】…(95) 閲覧【学生派遣】…(6) 閲覧【画像】…(2)
閲覧【学会活動】…(21) 閲覧【共同研究】…(35) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【研究員受入】…(2)
閲覧【研究活動】…(47) 閲覧【交流協定】…(3) 閲覧【個人】…(2) 閲覧【社会活動】…(13)
閲覧【授業概要】…(14) 閲覧【授業テーマ】…(8) 閲覧【賞】…(27) 閲覧【組織】…(1)
閲覧【担当授業】…(172) 閲覧【著作】…(227) 閲覧【特許・実用新案】…(4) 閲覧【役歴】…(21)
閲覧【履歴】…(18)

この個人(川田 昌武)が権限を持つ情報

閲覧【オープンキャンパス】…(5) 閲覧【学位論文】…(164) 閲覧【学生派遣】…(6) 閲覧【学会活動】…(20)
閲覧【共同研究】…(35) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【研究員受入】…(2) 閲覧【研究活動】…(50)
閲覧【社会活動】…(13) 閲覧【授業概要】…(82) 閲覧【授業テーマ】…(8) 閲覧【賞】…(24)
閲覧【組織】…(1) 閲覧【担当授業】…(172) 閲覧【著作】…(229) 閲覧【特許・実用新案】…(4)
閲覧【役歴】…(21) 閲覧【履歴】…(18)
Number of session users = 0, LA = 0.53, Max(EID) = 359832, Max(EOID) = 963900.