『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=23875)

EID=23875EID:23875, Map:0, LastModified:2014年4月25日(金) 11:42:13, Operator:[松井 栄里], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科.基礎情報工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Sone Naoto (日) 曽根 直人 (読) そね なおと
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.毛利 公美
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.森井 昌克
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) On Good Convolutional Codes with Optimal Free Distance for Rates 1/2, 1/3 and 1/4  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) New good convolutional codes with optimal free distance are tabulated for the unmber of memories M <__- 22 and rate R=1/2, which were selected based on the criterion of minimizing the decoding error rate and bit error rate. Fuithermore, for R=1/3, 1/4 and M <__- 13, we give the new good codes and make clear the existance of the codes with minimum free distance which achieve to Heller's upper bound for M <__- 16.  (日) 畳み込み符号は最小自由距離d_freeによって,その性能を評価することができるが,より厳密に性能を評価するためには,符号のdistance spectrumが必要となる. しかしながら,その計算量は,全数探索と同等であるために,符号のパラメータが大きい場合は,d_free周辺のdistance profileで近似評価されることが多い. 同一符号化率,同一メモリを有する符号のうち,もっとも優れたd_freeを有する符号をOFD codeと呼び,そのような符号の構成法に関する研究が盛んに行われている. 本論文では,畳み込み符号のd_feeを高速に求める方法であるIFASTアルゴリズムを用いることによって,実際にいくつかのOFD Codeを構成し,そのパラメータを与えている.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) convolutional codes (日) (読) [継承]
2. (英) optimum free distance (OFD) (日) (読) [継承]
3. (英) minimum free distance (日) (読) [継承]
4. (英) Cedervall-Johannesson algorithm (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): 電子情報通信学会 [継承]
誌名 (必須): 電子情報通信学会英文論文誌(B) ([電子情報通信学会])
(pISSN: 0916-8516, eISSN: 1745-1345)

ISSN (任意): 0916-8516
ISSN: 0916-8516 (pISSN: 0916-8516, eISSN: 1745-1345)
Title: IEICE transactions on communications
Supplier: 一般社団法人電子情報通信学会
Publisher: Oxford University Press
 (Webcat Plus  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): E84-B [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 116 119 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2001年 1月 1日 (平成 13年 1月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110003218863/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110003218863 [継承]
WOS (任意): 000166624200015 [継承]
Scopus (任意): 2-s2.0-0035126850 [継承]
機関リポジトリ (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Naoto Sone, Masami Mohri and Masakatu Morii : On Good Convolutional Codes with Optimal Free Distance for Rates 1/2, 1/3 and 1/4, IEICE Transactions on Communications, Vol.E84-B, No.1, 116-119, 2001.
欧文冊子 ● Naoto Sone, Masami Mohri and Masakatu Morii : On Good Convolutional Codes with Optimal Free Distance for Rates 1/2, 1/3 and 1/4, IEICE Transactions on Communications, Vol.E84-B, No.1, 116-119, 2001.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.43, Max(EID) = 348679, Max(EOID) = 936648.