『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=23175)

EID=23175EID:23175, Map:0, LastModified:2005年2月28日(月) 14:18:41, Operator:[村上 仁士], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[上月 康則], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
2.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
3.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
4.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
5.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻 (〜2014年3月31日) [継承]
6.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻 (〜2014年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.村上 仁士
役割 (任意): (英)   (日) 計画,現地調査,総括指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 伊藤 禎彦 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 水口 裕作 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.上月 康則 (徳島大学.環境防災研究センター.教授/徳島大学.環境防災研究センター.センター長)
役割 (任意): (英)   (日) 調査および結論(1)に関する考察を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 北岡 茂樹 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) (日) 豊田 裕作 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 海岸構造物材料としての多孔質コンクリートにおける付着生物の発達   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 礫間接触酸化法で使用される礫上の生物膜の成長と剥離の過程を把握するために,数種類の担体を用いて比較実験を行った.中でも多孔質コンクリートに着目し,生物膜の発達に適した空隙特性について詳細な検討を行った.(1)普通コンクリートやタイヤを比較して,ポーラスコンクリートはSSの保持だけでなく,VSS量,細菌数や底生生物の種,個体数から評価しても生物付着担体として優れていることがわかった.特にポーラスコンクリートは冬期でも多くの細菌を保持できることが特徴と言える.(2)ポーラスコンクリートの浄化機能を高めるためには,表層部では粒径を大きくし,内部では粒径を小さくすると良い.(3)担体上でSS,VSSは付着,成長するものの,担体の限界量を超えると剥離を繰り返すことがわかった.例えば,空隙率25%,粗骨材粒径10から13mmのポーラスコンクリートの表層部の限界SS保持量は約1500g/m3,内部は約800g/m3であった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 海岸工学論文集 ([社団法人 土木學會])
(resolved by 0916-7897)
ISSN: 0916-7897 (pISSN: 0916-7897, eISSN: 1884-8222)
Title: 海岸工学論文集
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
(resolved by 1884-8222)
ISSN: 0916-7897 (pISSN: 0916-7897, eISSN: 1884-8222)
Title: 海岸工学論文集
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 43 [継承]
(必須):
(必須): 1251 1255 [継承]
都市 (任意): (英) tokyo, Japan (日) 東京, 日本 (読) とうきょう にほん [継承]
年月日 (必須): 西暦 1996年 10月 12日 (平成 8年 10月 12日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 村上 仁士, 伊藤 禎彦, 水口 裕作, 上月 康則, 北岡 茂樹, 豊田 裕作 : 海岸構造物材料としての多孔質コンクリートにおける付着生物の発達, 海岸工学論文集, Vol.43, (号), 1251-1255, 1996年.
欧文冊子 ● Hitoshi Murakami, 伊藤 禎彦, 水口 裕作, Yasunori Kozuki, 北岡 茂樹 and 豊田 裕作 : 海岸構造物材料としての多孔質コンクリートにおける付着生物の発達, Proceedings of Coastal Engineering, JSCE, Vol.43, (号), 1251-1255, 1996.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 2.95, Max(EID) = 383310, Max(EOID) = 1024541.