『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=227251)

EID=227251EID:227251, Map:0, LastModified:2015年9月16日(水) 11:22:17, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) (日) 孫 凱 (読) そん がい
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 山口 央 (読) やまぐち あきら
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 石田 豊 (読) いしだ ゆたか
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.大井 文香
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.松尾 繁樹
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.三澤 弘明 ([北海道大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Development of a transparent microreactor for PCR  (日) PCRのための透明マイクロリアクターの開発   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) A continuous flow microchannel chip device was developed using transparent material for polymerase chain reaction (PCR). The microchannel was fabricated on a silica glass substrate using standard photolithography and wet etching techniques, and then sealed by another silica glass plate. Two Indium-tin-oxide (ITO) films were deposited on the glass substrate and used as thermal source. By measuring a fluorescence spectra of pyrenesulfonic acid (PS-Na), real temperature of the solution in the microchannel was assessed. It was demonstrated that the ITO films could be used as heater for micro-PCR (μ-PCR) chips. An amplification of 450-bp segment of HB101 coliform bacilli was carried out by two-stage (96℃ and 67℃) thermal cycling, and the product was determined by slab agarose gel electrophoresis.  (日) 透明材料を用いてヒーター一体型のマイクロリアクターを作製し, ポリメラーゼチェインリアクション(PCR)を行った.光リソグラフィー技術, ウェットエッチング技術により石英基板にマイクロチャンネルを加工し, マイクロチャンネル基板上に形成したITOフィルムに電圧を印加することによりマイクロリアクターの温度コントロールを行った.ピレンスルホン酸(PS-Na)の蛍光スペクトルを計測することによりマイクロリアクター内の溶液温度をモニターしたところ, PCRのための温度サイクルをITOフィルムにより制御可能であることが明らかとなった.作製したマイクロリアクターを用いて大腸菌株のHB101をテンプレートとしたPCRを行ったところ, 塩基数450のPCR生成物を確認した.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) PCR (読) [継承]
2.マイクロリアクター (microreactor) [継承]
発行所 (推奨): 電子情報通信学会 [継承]
誌名 (必須): 電子情報通信学会技術研究報告 ([電子情報通信学会])
ISSN (任意): 0913-5685
ISSN: 0913-5685 (pISSN: 0913-5685)
Title: 電子情報通信学会技術研究報告. AN, アドホックネットワーク
Supplier: 一般社団法人電子情報通信学会
 (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (医中誌Web  (医中誌Web (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 101 [継承]
(必須): 182 [継承]
(必須): 101 106 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2001年 6月 初日 (平成 13年 6月 初日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110003287946/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110003287946 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 孫 凱, 山口 央, 石田 豊, 大井 文香, 松尾 繁樹, 三澤 弘明 : PCRのための透明マイクロリアクターの開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.101, No.182, 101-106, 2001年.
欧文冊子 ● 孫 凱, 山口 央, 石田 豊, Fumika Oi, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Development of a transparent microreactor for PCR, IEICE Technical Report, Vol.101, No.182, 101-106, 2001.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.41, Max(EID) = 348695, Max(EOID) = 936701.