『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=226532)

EID=226532EID:226532, Map:0, LastModified:2017年12月4日(月) 13:53:30, Operator:[[ADMIN]], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[岸江 信介], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.吉廣 綾子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.岸江 信介
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 大山 玄 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 出雲方言における中舌母音の音響的特性について   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) In this paper, we analyzed vowels of the Izumo dialect in Shimane prefecture on the basis of formant analysis. It has been well known that vowels such as /i/ and /e/, and,/i/ and /u/, are assimilated in almost all of the Izumo dialect. Formant frequencies of /e/ of /eki/ in the Izumo dialect is closer to those of /i/ than /e/ in Standard Japanese. Also, formant frequencies of /i/ of both /∫i∫i/ and /su∫i/ in the Izumo dialect is closer to those of /u/ than /i/ in Standard Japanese. In addition, the generation gap is not observed ; a middle-aged group does not tend to distinguish /i/ from /e/ and /i/ from /u/ as well as an old-aged group.  (日)    [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) The University of Tokushima (日) 徳島大学 (読) [継承]
誌名 (必須): 徳島大学総合科学部言語文化研究 ([徳島大学.総合科学部.人間社会学科.言語文化講座])
(pISSN: 1340-5632, eISSN: 2433-345X)

ISSN (任意): 1340-5632
ISSN: 1340-5632 (pISSN: 1340-5632)
Title: 言語文化研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 14 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 203 218 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2006年 12月 初日 (平成 18年 12月 初日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110006487514/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110006487514 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ : 501 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 吉廣 綾子, 岸江 信介, 大山 玄 : 出雲方言における中舌母音の音響的特性について, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.14, 203-218, 2006年.
欧文冊子 ● Ayako Yoshihiro, Shinsuke Kishie and 大山 玄 : 出雲方言における中舌母音の音響的特性について, Journal of Language and Literature, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.14, 203-218, 2006.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.26, Max(EID) = 383950, Max(EOID) = 1026997.