『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=220736)

EID=220736EID:220736, Map:0, LastModified:2011年1月13日(木) 23:48:34, Operator:[山本 真由美], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 全学共通教育 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Humanity and Life (日) 人間と生命 (読) にんげんとせいめい
題目 (必須): (英) The Psychology of self-analysis (日) 自己分析の心理学 (読) じこぶんせきのしんりがく [継承]
[継承]
形態 (推奨): 1.講義および演習 [継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育] [継承]
担当教員 (必須): 1.山本 真由美 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.心理学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 本授業では,心理学という学問を通して自己について考えることを目的とする.以前から「持続可能な社会」,「共生社会」と言われている.そのような社会を目指す個人として,心が豊かな人間であることが求められる.まず,人間の知覚的特徴,認知的特徴,記憶の特徴,思考の特徴,パーソナリティ特徴,発達特徴,社会との関係などを知り,その上で自己について考える.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 本講義では,以下の視点に基づいて授業を進める.(1)グループを作り,グループ内でインタビューを相互に実施し,その内容を全員が発表する,(2)授業時に説明した内容に基づき,グループで討議する,(3)その内容を各自レポートにまとめる,(4)グループで話し合った内容をまとめる.   [継承]
キーワード (推奨): 1.アイデンティティ (identity) [継承]
2. (英) (日) 自己理解 (読) こうりゅうぶんせき [継承]
3. (英) (日) 自己分析 (読) じこぶんせき [継承]
4. (英) (日) 自己と他者 (読) じことたしゃ [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) グループ単位で授業を進めるので,途中で授業を放棄しないようにしてほしい. グループの中で何か一言でもいいから発言することを心がけてほしい.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 自己理解でき,自分のことを説明ができる  
[継承]
2.(英)   (日) 自分から見た他者について説明できる  
[継承]
3.(英)   (日) 心理学の知覚,認知,記憶,パーソナリティ,発達について説明できる  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) ガイダンス  
[継承]
2.(英)   (日) グループ分け検査実施(パーソナリティ検査)  
[継承]
3.(英)   (日) グループ発表,他者紹介とは,インタビュー実施,レポート(1)  
[継承]
4.(英)   (日) 発表方法について,グループ発表,他者紹介①  
[継承]
5.(英)   (日) 1.人間は周りの世界をどのように捉えるのか(認知)  
[継承]
6.(英)   (日) 心理検査から自己を見る グループ討議とまとめ,他者紹介②  
[継承]
7.(英)   (日) 2.こころの構造について(パーソナリティ)  
[継承]
8.(英)   (日) 心理検査から自己を見る 他者紹介③ レポート(2)  
[継承]
9.(英)   (日) 3.自己と他者の関係について  
[継承]
10.(英)   (日) 心理検査から自己を見る グループ討議とまとめ,他者紹介④  
[継承]
11.(英)   (日) 心理検査から自己を見る レポート(3)  
[継承]
12.(英)   (日) 4.発達について,他者紹介⑤  
[継承]
13.(英)   (日) 心理検査から自己を見る レポート(4)  
[継承]
14.(英)   (日) 心理検査から自己を見る 他者紹介⑥  
[継承]
15.(英)   (日) 期末試験  
[継承]
16.(英)   (日) レポート返却,全体総括  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 課題レポート(80%),グループ討議と発表(20%)   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) なし   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 特に使用しない.適宜資料を配付する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.山本 真由美 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.心理学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨): 1.0F200701 [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 人間と生命 / Humanity and Life --- 自己分析の心理学 / The Psychology of self-analysis
欧文冊子 ● Humanity and Life / 人間と生命 --- The Psychology of self-analysis / 自己分析の心理学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.19, Max(EID) = 383369, Max(EOID) = 1024700.