『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=220108)

EID=220108EID:220108, Map:0, LastModified:2011年1月11日(火) 09:52:40, Operator:[有馬 卓也], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 東アジア文化演習 (読) ひがしあじあぶんかえんしゅう
[継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.総合科学部.人間文化学科.国際教養コース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.有馬 卓也
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) より高度な思想・文学関係の文献を講読しながら,中国の思想・文化を考えていこうというものである.アジア思想研究の次のステップである.一つの文献を歴史・思想・文学・文化という枠組みにとらわれずに理解・把握することの訓練である.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 今年度は,中国文化の一つである龍,及びその居城である竜宮について,いくつかの切り口から分析していく.そして,中国文化の一側面を明らかにしていきたい.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日)(読) りゅう [継承]
2. (英) (日) 伝説の研究 (読) でんせつのけんきゅう [継承]
3. (英) (日) 中国文化 (読) ちゅうごくぶんか [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 竜宮伝説を通して,中国文化を理解するとともに,人間の普遍的な理解を試み得る目をもつこと.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 1)ガイダンス  
[継承]
2.(英)   (日) 2)竜宮伝説解析のための方法論  
[継承]
3.(英)   (日) 3)~4)龍の属性  
[継承]
4.(英)   (日) 5)~6)「柳子華」の検討  
[継承]
5.(英)   (日) 7)~9)「柳毅伝」の検討  
[継承]
6.(英)   (日) 10)~12)「龍女伝」の検討  
[継承]
7.(英)   (日) 13)~15)「李衛公別伝」の検討  
[継承]
8.(英)   (日) 16)総括  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 演習形式で行う.出席点と発表内容を総合して評価する.出席は一回につき3点.欠席をする場合,あらかじめ連絡を入れること.連絡があった場合の欠席と無断欠席とでは評価が異なるので注意.詳細は第一回目の講義の時に連絡する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) なし.   [継承]
教科書 (必須):
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 方法論に関連して小松和彦氏の以下の文献を挙げておく.すべて読んでおくこと.『神隠し』(),『憑霊信仰論』(講談社学術文庫),『異人論』(ちくま学芸文庫),『悪霊論』(ちくま学芸文庫),『日本妖怪異聞碌』(講談社学術文庫)   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.有馬 卓也
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 東アジア文化演習 / 東アジア文化演習
欧文冊子 ● 東アジア文化演習 / 東アジア文化演習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 4, LA = 1.89, Max(EID) = 383948, Max(EOID) = 1026952.