『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=218639)

EID=218639EID:218639, Map:0, LastModified:2010年11月29日(月) 10:34:19, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 国際文化ゼミナール (その2) (読) こくさいぶんかぜみなーる
[継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.桂 修治
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) このゼミナールでは,日本とヨーロッパの文化や社会について,その共通点や相違点,および関係についてともに考えます.そこでは,表面に現れた現象だけを単純に比較するのではなく,その現象の背景となっている社会のありさまを掘り下げて,構造的に理解することをめざします.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 日本と現代ヨーロッパの社会文化研究.テーマ領域としては学校教育,環境保護,スポーツ,音楽などが考えられますが,テーマはできる限り受講者諸君の希望に応じます. 外国の文化を知る上で最も良い方法の一つは,直接,相手の国の人々と交流することでしょう.桂はドイツの学校や各種団体と交流を続けていますが,参加者からの希望があれば,学生諸君にも,種々のかたちでこのような交流に参加する機会を提供します.インターネットによる交流,さらにできれば現地での交流など(交流は英語を媒介語として行なうことができます).   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 卒業研究につながるゼミナール (読) [継承]
2. (英) (日) 比較文化的関心を深める (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) ヨーロッパへの関心,比較文化的な関心を持つ受講者を歓迎します.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) ヨーロッパの社会や文化における種々の現象を,具体的かつ構造的に理解するアプローチを身につける.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 3年次では,いくつかのテーマに基づいて基本図書を講読し,ディスカッションを行います.4年次では,各自が選択したテーマについての研究を深めます.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) ゼミナールへの積極的参加の度合いによって総合的に評価します.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) なし   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) ゼミナールで選択するテーマに応じて指定します.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意): http://www.ias.tokushima-u.ac.jp/kokusai-b/ [継承]
連絡先 (推奨): 1.桂 修治
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 木曜3·4時限,金曜5・6時限   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 国際文化ゼミナール (その2) / 国際文化ゼミナール (その2)
欧文冊子 ● 国際文化ゼミナール (その2) / 国際文化ゼミナール (その2)

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 1, LA = 2.38, Max(EID) = 377796, Max(EOID) = 1010989.