『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=217182)

EID=217182EID:217182, Map:0, LastModified:2011年4月7日(木) 02:41:53, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 薬学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Biopharmacy 2 (日) 生命薬学2 (読) せいめいやくがく
[継承]
形態 (必須): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程] [継承]
2.2011/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.山下 菊治
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 人体の成り立ちを細胞,器官,個体レベルで理解するために,人体の構造と機能調節などに関する基本的知識を修得する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 人体の基本構造を理解するために,細胞の構造と機能及びそれらが構成する4大組織を学び,血液,神経系,骨格・筋肉系,呼吸器系,循環器系,消化器系,泌尿生殖器系,内分泌・感覚器系などの構造と機能を理解する.   [継承]
カリキュラム関連 (必須): (英)   (日) 薬学モデル・コアカリキュラムC8-(1) に相当   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 調剤あるいは新薬を開発するためには,薬の作用機構を理解しなければならない.その為には,病気を知る必要があり,その為には,人体の構造と機能を理解しなければならない.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 細胞と組織  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) ・臓器,組織を構成する細胞の種類を挙げ,形態的及び機能的特徴を説明できる.   [継承]
[継承]
2.(英)   (日) 血液  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) ・血液を構成する代表的細胞を列挙して,形態的及び機能的特徴を説明できる.   [継承]
[継承]
3.(英)   (日) 神経系  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) ・中枢神経系,体性神経系,自律神経系の構成と機能の概要を説明できる.   [継承]
[継承]
4.(英)   (日) 骨格・筋肉系  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) ・主な骨と関節及び骨格筋の名称を挙げ,位置と働きを示すことができる.   [継承]
[継承]
5.(英)   (日) 呼吸器系  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) ・肺,気管支について,構造と機能を関連付けて説明できる.   [継承]
[継承]
6.(英)   (日) 循環器系  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) ・心臓,血管系,リンパ系について,構造と機能を関連付けて説明できる.   [継承]
[継承]
7.(英)   (日) 消化器系  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) ・胃,小腸,大腸等の消化管と肝臓や膵臓の構造と機能を関連付けて説明できる.   [継承]
[継承]
8.(英)   (日) 泌尿生殖器系  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) ・腎臓,膀胱や精巣,卵巣,子宮などの構造と機能を関連付けて説明できる.   [継承]
[継承]
9.(英)   (日) 内分泌・感覚器系  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) ・ホルモン分泌器官や眼,耳,鼻などの感覚器の構造と機能を関連付けて説明できる.   [継承]
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Cell variation  (日) 細胞の多様性  
内容 (任意):
[継承]
2.(英) Major Tissue  (日) 四大組織  
内容 (任意):
[継承]
3.(英) Organ and system  (日) 器官と器官系  
内容 (任意):
[継承]
4.(英) Blood cells  (日) 血液細胞  
内容 (任意):
[継承]
5.(英) Character of blood  (日) 血液の機能  
内容 (任意):
[継承]
6.(英) Central nervous system  (日) 中枢神経  
内容 (任意):
[継承]
7.(英) Peripheral nervous system  (日) 末梢神経  
内容 (任意):
[継承]
8.(英) Bone cells and character  (日) 骨の細胞と機能  
内容 (任意):
[継承]
9.(英) Muscle cells and character  (日) 筋肉の細胞と機能  
内容 (任意):
[継承]
10.(英) Introductory of circulation system  (日) 循環器系の総論  
内容 (任意):
[継承]
11.(英) Blood and lympho system  (日) 血管系とリンパ管系  
内容 (任意):
[継承]
12.(英) Dygestion system  (日) 消化器系  
内容 (任意):
[継承]
13.(英) Urinary system  (日) 泌尿器系  
内容 (任意):
[継承]
14.(英) Generative organ system  (日) 生殖器系  
内容 (任意):
[継承]
15.(英) Organ of vision  (日) 視覚  
内容 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 試験で評価する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 1回に限り実施する.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 参考図書:「目でみる からだのメカニズム」医学書院(堺章 著), 「解剖学」医歯薬出版(全国柔道整復学校協会 監修,岸清・石塚寛 編)   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) (研究室)歯学部・口腔顎顔面形態学部門(歯学部4階北側中央)TEL:088-633-7320
(Eメールアドレス)ynakae@dent.tokushima-u.ac.jp (読)
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 講義開催曜日の12:00-13:00   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 生命薬学2 / Biopharmacy 2
欧文冊子 ● Biopharmacy 2 / 生命薬学2

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.36, Max(EID) = 371857, Max(EOID) = 994105.