『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=217172)

EID=217172EID:217172, Map:0, LastModified:2011年4月10日(日) 20:10:08, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 薬学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Practice for Pharmacotherapy Case Study (日) 演習Ⅱ(症例解析総合演習) (読) えんしゅう しょうれいかいせきそうごうえんしゅう
[継承]
形態 (必須): 1.演習 [継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.徳島大学.薬学部.薬学科.臨床薬学講座.医薬品病態生化学 (2010年4月1日〜)
肩書 (任意):
[継承]
2.徳島大学.薬学部.薬学科.臨床薬学講座.医薬品機能生化学 (2010年4月1日〜)
肩書 (任意):
[継承]
3.徳島大学.薬学部.薬学科.臨床薬学講座.医薬品情報学 (2006年4月1日〜)
肩書 (任意):
[継承]
4.徳島大学.薬学部.薬学科.生命医療薬学講座.薬物治療学 (2010年4月1日〜)
肩書 (任意):
[継承]
5.徳島大学.薬学部.薬学科.生命医療薬学講座.神経病態解析学 (2010年4月1日〜)
肩書 (任意):
[継承]
6.臨床薬学実務教育室 (2005年4月1日〜2015年3月31日)
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 薬学部で履修してきたコアカリキュラムおよび臨床実務実習での知識・経験を統合して,模擬症例で設定された課題を薬学的視点から検討することで,薬剤師として身につけておくべき基本的な臨床思考プロセスを修得することを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 少人数のグループに分かれ,模擬症例の薬物治療について薬学的視点から検討を行う.学生は問題立脚型PBLによって能動的に課題に取り組み,発表会を通じて,病態の理解を深めるとともに,理論的な薬物治療の考え方を習得し,さらには薬剤師の立場からの薬物治療法を提案できる臨床思考プロセスを学ぶ.   [継承]
カリキュラム関連 (必須): (英)   (日) 薬学モデル・コアカリキュラム対象外   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 病態の理解.個々の模擬症例の病態,および当該病態の特徴的な臨床検査値および検査法を説明できる.  
小目標 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 標準的薬物治療法の修得.個々の模擬症例について,標準的な治療法について説明できる.  
小目標 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) 薬物治療法の提案.個々の模擬症例について,薬物治療法を列挙できる.  
小目標 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) 薬物治療法の理論的解釈.個々の模擬症例の治療・検査に用いられる薬物の使用目的を説明できる.  
小目標 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) 患者教育方法の提案.個々の模擬症例における,薬剤師による患者教育・患者指導についてその方法を列挙できる.  
小目標 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) 薬物治療法に現存する問題点の抽出.個々の模擬症例における,現在の薬物治療法の問題点を列挙できる.  
小目標 (任意):
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 演習の進め方に関する説明 (土屋)  
内容 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 薬物治療評価の基本スキルおよび臨床思考プロセスの解説(聖マリアンナ医科大薬剤部 上塚朋子)  
内容 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) 演習を次のサイクルで行う  
内容 (任意): 1.(英)   (日) 模擬症例を概説した後,提示した課題についてグループ討議し,その結果を発表する.全体討議により新たに出た課題を含め残りの課題は次回演習で実施.全ての課題がクリアされた後,次の模擬症例に進む.模擬症例は以下の疾患から順次提示する.   [継承]
2.(英)   (日) 心血管傷害,呼吸器疾患,消化器疾患,腎疾患,神経疾患,精神疾患,内分泌疾患産科・婦人科疾患,泌尿器疾患,免疫疾患,骨・関節疾患,感覚器疾患,皮膚疾患,血液疾患,感染症,癌,その   [継承]
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 受講姿勢,課題発表,レポート,試験にて総合的に行う.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 再試験を実施する.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 岩澤真紀子編,薬物治療モニタリング(南山堂)   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) 薬物治療学(平成23年度担当責任) (読)
オフィスアワー (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 医薬品病態生化学 (読)
オフィスアワー (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 医薬品機能生化学 (読)
オフィスアワー (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 医薬品情報学 (読)
オフィスアワー (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 神経病態解析学 (読)
オフィスアワー (推奨):
[継承]
6. (英) (日) 臨床薬学実務教育室 (読)
オフィスアワー (推奨):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 演習Ⅱ(症例解析総合演習) / Practice for Pharmacotherapy Case Study
欧文冊子 ● Practice for Pharmacotherapy Case Study / 演習Ⅱ(症例解析総合演習)

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【担当授業】…(2)
Number of session users = 1, LA = 0.50, Max(EID) = 366694, Max(EOID) = 982267.