『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=217131)

EID=217131EID:217131, Map:0, LastModified:2011年4月6日(水) 20:56:11, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 薬学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Analytical Chemistry 1 (日) 分析化学1 (読) ぶんせきかがく
[継承]
形態 (必須): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程] [継承]
2.2011/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.田中 秀治 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.分析科学]/徳島大学薬学部創製薬科学科分析科学研究室/徳島大学大学院薬科学教育部分析科学分野)
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 分析化学は,多様な成分から成り立つ試料中のある目的成分について,その化学的あるいは物理的性質を利用して,1) 他成分と区別し認識 (定性分析) したり,2) 存在量を決定 (定量分析) したりするための原理と方法論を探究し,体系化したものである.本科目では,分析化学の中でも基礎的な,化学反応に基づく分析法に焦点を当て,その原理と応用を講義する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) まず,分析データの取り扱い方や化学反応・化学平衡など,分析化学の最も基礎となる事項を説明する.次に,溶液内化学平衡とこれに基づく化学分析法について講義する.   [継承]
カリキュラム関連 (必須): (英)   (日) 薬学モデル・コアカリキュラムC1(3), C2(1)·(2)に相当   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) analytical chemistry (日) 分析化学 (読) [継承]
2. (英) chemical analysis (日) 化学分析 (読) [継承]
3. (英) data processing (日) データ処理 (読) [継承]
4. (英) chemical equilibrium (日) 化学平衡 (読) [継承]
5. (英) volumetric analysis (日) 容量分析法 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.分析化学3 ([2011/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
2.分析化学実習 ([2011/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
3.日本薬局方 ([2011/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
4.物理化学2 ([2011/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
5.物理化学3 ([2011/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程]]/[2011/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
注意 (推奨): (英)   (日) 高校理系の化学を修得していることを前提に講義します.復習に役立つノートが取れるような板書を心がけます   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 分析化学の基礎  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) 分析化学の分類と単位操作について説明できる.   [継承]
2.(英)   (日) SI(国際単位系),さまざまな濃度の単位について説明できる.   [継承]
3.(英)   (日) 誤差,各種統計量,有意差検定,棄却検定などバリデーションに関連する用語と内容について説明できる.   [継承]
4.(英)   (日) 電解質溶液の性質と化学平衡について説明できる.   [継承]
[継承]
2.(英)   (日) 容量分析法  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) 容量分析法の要件および特徴,標準液の標定について説明できる.   [継承]
2.(英)   (日) 酸塩基平衡とpH,酸塩基滴定(非水滴定を含む)と医薬品への応用例について説明できる.   [継承]
3.(英)   (日) 錯体生成平衡とキレート滴定について説明できる.   [継承]
4.(英)   (日) 沈殿生成平衡と沈殿滴定(Mohr法,Fajans法,Volhard法)について説明できる.   [継承]
5.(英)   (日) 酸化還元平衡と電極電位,各種の酸化還元滴定と医薬品への応用例について説明できる.   [継承]
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 分析化学序論  
内容 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 物理量と単位  
内容 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) 電解質溶液と化学平衡  
内容 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) 容量分析法序論  
内容 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) 酸塩基平衡1(酸と塩基)  
内容 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) 酸塩基平衡2(pH)  
内容 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) 酸塩基滴定1  
内容 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) 酸塩基滴定2(非水滴定)  
内容 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) 錯体生成平衡  
内容 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) キレート滴定  
内容 (任意):
[継承]
11.(英)   (日) 沈殿生成平衡  
内容 (任意):
[継承]
12.(英)   (日) 沈殿滴定  
内容 (任意):
[継承]
13.(英)   (日) 酸化還元平衡  
内容 (任意):
[継承]
14.(英)   (日) 酸化還元滴定1  
内容 (任意):
[継承]
15.(英)   (日) 酸化還元滴定2  
内容 (任意):
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
内容 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 定期試験を100点満点として採点する.3回までの欠席は減点の対象とはしない.4回欠席した場合には定期試験の得点から5点を,5回欠席の場合には10点をそれぞれ減点する.6回以上欠席した場合には,履修を認定しない.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 1回のみ再試験を実施する.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 田中秀治,嶋林三郎 編,「わかりやすい分析化学問題集」(廣川書店)   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.田中 秀治 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.分析科学]/徳島大学薬学部創製薬科学科分析科学研究室/徳島大学大学院薬科学教育部分析科学分野)
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 月∼金の8:30∼12:00,13:00∼17:30   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 質問は電子メールhtanaka@ph.tokushima-u.ac.jpでも受け付けますが,「分析化学1の質問」など要件がわかる件名を記入して下さい(迷惑メールとの判別のため).   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 分析化学1 / Analytical Chemistry 1
欧文冊子 ● Analytical Chemistry 1 / 分析化学1

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(4)
Number of session users = 3, LA = 0.62, Max(EID) = 371949, Max(EOID) = 994389.