『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=217060)

EID=217060EID:217060, Map:0, LastModified:2010年11月22日(月) 19:18:22, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 薬科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Natural Product Chemistry and Medicinal Chemistry (日) 医薬品創製資源学特論 (読) いやくひんそうせいしげんがくとくろん
[継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.薬学研究科]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.南川 典昭 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.統合医薬創製科学系.生物有機化学])
肩書 (任意):
役割 (必須): 授業責任者 [継承]
[継承]
2.大井 高 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.総合薬学教育学系.総合薬学研究推進学])
肩書 (任意):
役割 (必須):
[継承]
3.高石 喜久 ([徳島大学.デザイン型AI教育研究センター])
肩書 (任意):
役割 (必須):
[継承]
4.柏田 良樹
肩書 (任意):
役割 (必須):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 天然物化学,核酸化学の基礎と創薬研究への展開について学ぶ   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 医薬資源として重要な物質を生物有機化学的視点から講義する.具体的には天然物質の生物活性発現の分子機構などについて講義するとともに,天然物化学を基礎とした創薬研究への展開について解説する.また核酸(ヌクレオシド,ヌクレオチドおよびオリゴヌクレオチド)を利用した創薬研究について,最新のトピックを交えて解説する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 医薬資源としての天然物質(担当者:高石)  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 機能性天然物質とヘルスケアへの応用(担当者:高石)  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) 生物活性天然分子の生合成(担当者:高石)  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) 生物活性天然分子の構造と機能(1)(担当者:柏田)  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) 生物活性天然分子の構造と機能(2)(担当者:柏田)  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) 生物活性天然分子の創薬への応用(1)(担当者:柏田)  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) 生物活性天然分子の創薬への応用(2)(担当者:柏田)  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) 生理活性天然分子の構造決定(1):最新の機器分析(担当者:大井)  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) 生理活性天然分子の構造決定(2):二次元NMRの基礎理論(担当者:大井)  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) 生理活性天然分子の構造決定(3):二次元NMRの応用(担当者:大井)  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
11.(英)   (日) ヌクレオシド・ヌクレオチド・オリゴヌクレオチドの化学(担当者:南川)  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
12.(英)   (日) 核酸医薬1:薬としてのヌクレオシド(代謝拮抗剤)(担当者:南川)  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
13.(英)   (日) 核酸医薬2:アンチセンス・アンチジーン法による遺伝子発現抑制(担当者:南川)  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
14.(英)   (日) 核酸医薬3:RNA干渉法による遺伝子発現抑制(担当者:南川)  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
15.(英)   (日) 総合討論(全員)  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席状況と小テストまたはレポートにより評価する   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 必要に応じプリント等を配布する   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.南川 典昭 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.統合医薬創製科学系.生物有機化学])
オフィスアワー (推奨):
[継承]
2.大井 高 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.総合薬学教育学系.総合薬学研究推進学])
オフィスアワー (推奨):
[継承]
3.高石 喜久 ([徳島大学.デザイン型AI教育研究センター])
オフィスアワー (推奨):
[継承]
4.柏田 良樹
オフィスアワー (推奨):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 医薬品創製資源学特論 / Natural Product Chemistry and Medicinal Chemistry
欧文冊子 ● Natural Product Chemistry and Medicinal Chemistry / 医薬品創製資源学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 1, LA = 2.45, Max(EID) = 409022, Max(EOID) = 1108331.