『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=217003)

EID=217003EID:217003, Map:0, LastModified:2011年4月13日(水) 14:05:18, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 保健科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Seminar and Practice in Stress Coping and Palliatived Care Nursing (日) ストレス緩和ケア看護学演習 (読) ストレスかんわケアかんごがくえんしゅう
[継承]
形態 (不用): 1.演習 [継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.雄西 智惠美
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 4 [継承]
目的 (必須): (英) ·  (日) ①ストレス緩和ケアに関する看護の課題について,論理的,科学的な方法により追求する方法を学習する.特に,文献を批判的に読み活用する力を養う.②①を通して,自己の研究課題と方法論の明確化に繋げる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) がん看護や周手術期看護,クリティカルケア看護領域において,関心のあるテーマを選択し,それに関連した研究成果や課題を考察すると共に,研究方法や論文評価方法について学習を深める.授業は,文献クリティークを中心に進めるが,選択したテーマによっては,臨床現場での演習(事例演習など)を含める.本演習は,自ら演習計画を作成して主体的に進める.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Evidence based nursing (日) 根拠に基づく看護 (読) こんきょにもとづくかんご [継承]
2. (英) Reliability (日) 信頼性 (読) しんらいせい [継承]
3. (英) Validity (日) 妥当性 (読) だとうせい [継承]
4. (英) Objectivity (日) 客観性 (読) きゃっかんせい [継承]
5. (英) Authenticity (日) 信憑性 (読) しんぴょうせい [継承]
先行科目 (推奨): 1.ストレス緩和ケア看護学特論Ⅱ ([2011/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/[博士前期課程]])
必要度 (任意):
[継承]
2.ストレス緩和ケア看護学特論Ⅰ ([2011/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/[博士前期課程]])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.ストレス緩和ケア看護学特論Ⅰ ([2011/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/[博士前期課程]])
関連度 (任意):
[継承]
2.ストレス緩和ケア看護学特論Ⅱ ([2011/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/[博士前期課程]])
関連度 (任意):
[継承]
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 1.ガイダンス  
[継承]
2.(英)   (日) 2.論文クリティークの意義と方法について  
[継承]
3.(英)   (日) 3.∼6.論文クリティーク①∼④  
[継承]
4.(英)   (日) 7.自己の関心テーマに関するプレゼンテーション①  
[継承]
5.(英)   (日) 8.自己の関心テーマに関するプレゼンテーション②  
[継承]
6.(英)   (日) 9.演習計画作成と検討  
[継承]
7.(英)   (日) 10.∼12.論文クリティーク⑤∼⑦  
[継承]
8.(英)   (日) 13.自己の研究課題・方法論のプレゼンテーション③  
[継承]
9.(英)   (日) 14.自己の研究課題・方法論のプレゼンテーション④  
[継承]
10.(英)   (日) 15.∼20.自己の課題学習  
[継承]
11.(英)   (日) 21.自己の研究課題・方法論のプレゼンテーション⑤  
[継承]
12.(英)   (日) 22.自己の研究課題・方法論のプレゼンテーション⑥  
[継承]
13.(英)   (日) 23.∼28.自己の課題学習  
[継承]
14.(英)   (日) 29.自己の研究課題・方法論のプレゼンテーション⑦  
[継承]
15.(英)   (日) 30.自己の研究課題・方法論のプレゼンテーション⑧ まとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 演習計画,計画の遂行状況,プレゼンテーションなど総合的に評価   [継承]
再評価 (任意):
対象学生 (不用): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 指定無し   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 随時   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.雄西 智惠美
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨): 1.29001401 [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● ストレス緩和ケア看護学演習 / Seminar and Practice in Stress Coping and Palliatived Care Nursing
欧文冊子 ● Seminar and Practice in Stress Coping and Palliatived Care Nursing / ストレス緩和ケア看護学演習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 1.04, Max(EID) = 375407, Max(EOID) = 1006122.