『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216980)

EID=216980EID:216980, Map:0, LastModified:2011年4月13日(水) 14:05:19, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 保健科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Stress Coping and Palliatived Care Nursing 2 (日) ストレス緩和ケア看護学特論Ⅱ (読) すとれすかんわけあかんごがくとくろん
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.雄西 智惠美
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
2.森 恵子
肩書 (任意): 准教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
[継承]
3.小澤 桂子 (NTT東日本関東病院)
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) がんの診断と治療過程で患者・家族が遭遇する病名告知・予後告知,診断,治療に伴う複雑な問題に対するアセスメントと援助方法の開発について探求する.また,がんチーム医療における看護の専門性と援助方法について理解を深める.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) がん患者とその家族が,がんの診断・治療過程で抱える複雑で対応が難しい様々な問題に関して,適切にアセスメントしエビデンスに基づく援助方法の開発につながるよう講義と事例分析と通して学習を深める. また,がんチーム医療におけるがん患者・家族に対する看護の専門性と援助について,MDアンダーソンのプログラムを通して教授する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) decision making (日) 意思決定 (読) いしけってい [継承]
2. (英) (日) 告知 (読) [継承]
3. (英) (日) アセスメント (読) [継承]
4. (英) (日) がん治療過程 (読) [継承]
5. (英) (日) 援助開発 (読) [継承]
6. (英) (日) エビデンス (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.ストレス緩和ケア看護学演習 ([2011/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/[博士前期課程]])
関連度 (任意):
[継承]
2.ストレス緩和ケア看護学特論Ⅰ ([2011/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/[博士前期課程]])
関連度 (任意):
[継承]
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 1回:がん看護専門看護師に期待される看護援助力 (雄西)  
[継承]
2.(英)   (日) 2回:がんの診断過程における複雑な問題と援助方法の開発(雄西)  
[継承]
3.(英)   (日) 3回:告知・予後告知に関する複雑な問題とアセスメント (雄西)  
[継承]
4.(英)   (日) 4回:告知・予後告知に伴う患者・家族への援助方法の開発(雄西)  
[継承]
5.(英)   (日) 5回:治療の意思決定に関する複雑な問題とアセスメント (雄西)  
[継承]
6.(英)   (日) 6回:治療の意思決定に伴う患者・家族への援助方法の開発(雄西)  
[継承]
7.(英)   (日) 7回:手術療法に関する複雑な問題とアセスメント (森)  
[継承]
8.(英)   (日) 8回:手術療法に伴う患者・家族への援助方法の開発 (森)  
[継承]
9.(英)   (日) 9回:化学療法に関する複雑な問題とアセスメント (小澤)  
[継承]
10.(英)   (日) 10回:化学療法に伴う患者・家族への援助方法の開発 (小澤)  
[継承]
11.(英)   (日) 11回:放射線療法に関する複雑な問題とアセスメント (森)  
[継承]
12.(英)   (日) 12回:放射線療法に伴う患者・家族への援助方法の開発 (森)  
[継承]
13.(英)   (日) 13回:がんチーム医療における看護の専門性と援助力 (森)  
[継承]
14.(英)   (日) 14回:がんチーム医療における看護の援助方法の探求 (森)  
[継承]
15.(英)   (日) 15回:課題発表(がんCNSとしての看護援助力と課題)(雄西・森)  
[継承]
16.(英)   (日) まとめ 試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 授業への参加度・プレゼンテーション(70%),レポート(30%)で評価   [継承]
再評価 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 指定無し   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 随時紹介   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.雄西 智惠美
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨): 1.29001501 [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● ストレス緩和ケア看護学特論Ⅱ / Stress Coping and Palliatived Care Nursing 2
欧文冊子 ● Stress Coping and Palliatived Care Nursing 2 / ストレス緩和ケア看護学特論Ⅱ

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.62, Max(EID) = 375407, Max(EOID) = 1006122.