『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216907)

EID=216907EID:216907, Map:[2010/量子ナノ半導体工学特論], LastModified:2010年11月22日(月) 16:24:09, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.工学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Lecture on Quantum Nanostructure Semiconductors (日) 量子ナノ半導体工学特論 (読) りょうしなのはんどうたいこうがくとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2011/[エコシステム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
2.2011/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士後期課程] [継承]
3.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士後期課程] [継承]
4.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.井須 俊郎
肩書 (任意):
[継承]
2.北田 貴弘 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.ナノマテリアルテクノロジー(日亜)]/->個人[塚越 貴弘])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) This lecture aims at understanding basic concepts of the quantum effects of semiconductor nanostructures based on materials science and various technologies for device applications.  (日) ナノ構造の半導体において創り出される量子効果や半導体ナノテクノロジーにより実現できる新規な材料特性について,その基本的な物理概念を理解するとともに,工学応用に対する課題とその解決のための手法を習得する.   [継承]
概要 (必須): (英) This lecture introduces characteristics of quantum structures and technologies of the device applications, based on quantum mechanics, semiconductor physics, materials science and photonics. Advanced technologies of fabrication and measurements and recent topics of the research are also introduced.  (日) 量子力学,半導体物理学,光物性論に基づく半導体量子構造の基本的な特徴の理解を深め,それらの新機能デバイス応用における課題点を詳述する.半導体量子構造などの作製手法と,それらを使ったデバイス応用における加工技術,測定技術,物性評価技術などについて解説し,最近の先端的研究の話題について述べる.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) To understand materials science and application technologies of nano structure semiconductors  (日) ナノ構造半導体の物性およびデバイス応用における課題と関連技術を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Electronic states in semiconductor quantum structures  (日) 半導体量子構造の電子状態  
[継承]
2.(英) Electronic properties of quantum stutures  (日) 量子構造の電子物性  
[継承]
3.(英) Optical properties of quantum stutures  (日) 量子構造の光物性  
[継承]
4.(英) Fabrication technologies of semiconductor nanostructures  (日) 半導体量子ナノ構造の作製方法  
[継承]
5.(英) Evaluation technologies of crystals  (日) 結晶評価技術  
[継承]
6.(英) Evaluation technologies of nanostructures  (日) 構造評価技術  
[継承]
7.(英) Analysis of elctronic properties  (日) 電気的特性評価技術  
[継承]
8.(英) Analysis of optical properties  (日) 光学特性評価技術  
[継承]
9.(英) Quantum effect devices  (日) 量子効果デバイス  
[継承]
10.(英) Nonlinear optical responces of semiconductors  (日) 半導体非線形光学応答  
[継承]
11.(英) Responces of optical micro cavity  (日) 微小共振器の光学特性  
[継承]
12.(英) Research progress in quantum nanostructure semiconductors  (日) 量子ナノ半導体の研究動向  
[継承]
13.(英) Ultrafast optical devices  (日) 超高速光デバイス  
[継承]
14.(英) Quantum information devices  (日) 量子情報デバイス  
[継承]
15.(英) Topics of recent advanced research (1)  (日) 量子ナノ半導体研究の最近の話題(1)  
[継承]
16.(英) Topics of recent advanced research (2)  (日) 量子ナノ半導体研究の最近の話題(2)  
[継承]
評価 (必須): (英) Assignments  (日) レポートで評価   [継承]
再評価 (必須): (英) None  (日) 実施しない   [継承]
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英) None  (日) なし   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) To be introduced in the class  (日) 授業中に紹介する   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.井須 俊郎
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/量子ナノ半導体工学特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/量子ナノ半導体工学特論) 閲覧 【授業概要】(2011/量子ナノ半導体工学特論) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 量子ナノ半導体工学特論 / Advanced Lecture on Quantum Nanostructure Semiconductors
欧文冊子 ● Advanced Lecture on Quantum Nanostructure Semiconductors / 量子ナノ半導体工学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(4)
Number of session users = 2, LA = 0.37, Max(EID) = 361906, Max(EOID) = 968323.