『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216880)

EID=216880EID:216880, Map:[2010/分子設計学], LastModified:2010年11月29日(月) 20:13:42, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Molecular Design (日) 分子設計学 (読) ぶんしせっけいがく
[継承]
形態 (推奨): 1.ポートフォーリオ [継承]
コース (必須): 1.2011/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.右手 浩一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
肩書 (任意):
[継承]
2.平野 朋広 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) The purpose of this class is to understand the principles of precise synthesis and polymerization reactions from the viewpoint of ligand design, asymmetric induction, etc.  (日) 精密合成または精密重合の基本原理を,反応活性種の極性·配位子の構造設計·反応場への不斉導入などの観点から理解する.   [継承]
概要 (必須): (英) Advanced discussion of current aspects of molecular design. Organic reaction mechanism and molecular design. Polymer synthesis, polymerization mechanism, and macromolecular design. Supramolecular chemistry. Correlation between inter-or intramolecular structure and chemical reactivity or functionality.  (日) 化学反応や分子間相互作用を電子,原子,分子の動きとして捉え,化合物の構造とその反応性及び性質の関係を分子論的に講義し,種々の物質機能を発現させるための化学的アプローチについて講述する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) chain polymerization (日) 連鎖重合 (読) [継承]
2.リビング重合 (living polymerization) [継承]
3. (英) stereospecific polymerization (日) 立体特異性重合 (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.重合反応特論 ([2011/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2010/重合反応特論])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.機能性材料論 ([2011/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士後期課程]]/->授業概要[2010/機能性材料論])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
要件 (任意): (英) Requires undergraduate level knowledge of organic and polymer chemistry.  (日) 大学卒業レベルの有機化学および高分子化学の知識を有することが望ましい.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) To understand the principles of precise synthesis.  (日) 精密合成の基本原理を理解する.  
[継承]
2.(英) To understand the principles of precise polymerization.  (日) 精密重合の基本原理を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) organic radicals  (日) 有機ラジカルの特性  
[継承]
2.(英) radical structure and ESR  (日) ラジカル種の構造とESR  
[継承]
3.(英) radical structure and reactivity  (日) ラジカルの構造と反応性  
[継承]
4.(英) molecular design based on radical mechanism  (日) ラジカル機構に基づいた分子設計と合成  
[継承]
5.(英) synthesis of functional polymers by radical polymerization  (日) ラジカル重合による機能材料の合成  
[継承]
6.(英) polymerization with heterogeneous catalysts  (日) 不均一系遷移金属触媒による重合  
[継承]
7.(英) polymerization with homogeneous catalysts  (日) 均一系遷移金属触媒による重合  
[継承]
8.(英) polymerization with transition metal catalysts - stereocontrol  (日) 遷移金属触媒による重合ー立体制御  
[継承]
9.(英) reaction control by Lewis acids  (日) ルイス酸を用いた反応制御  
[継承]
10.(英) stereospecific polymerization  (日) 立体特異性重合  
[継承]
11.(英) reaction field and molecular design  (日) 反応場と分子設計  
[継承]
12.(英) molecular assembly and molecular design  (日) 分子集合体と分子設計  
[継承]
13.(英) reaction control in asymmetric field  (日) 不斉場を用いた反応制御  
[継承]
14.(英) application of physical gels to polymerization reaction  (日) 重合反応への物理ゲルの応用  
[継承]
15.(英) molecular design and synthesis of dendritic polymers  (日) デンドリティックポリマー材料の分子設計と合成·応用  
[継承]
評価 (必須): (英) Assignments counts 100% mainly based on the report submitted.  (日) 課題によって成績を評価する.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) Printed synopses will be distributed.  (日) プリントを配布する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 野瀬卓平他編「大学院高分子科学」講談社   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.右手 浩一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
2.平野 朋広 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/分子設計学)
            →閲覧 【授業概要】(2009/分子設計学)
                →閲覧 【授業概要】(2008/分子設計学)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/分子設計学)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/分子設計学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/分子設計学) 閲覧 【授業概要】(2011/分子設計学) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 分子設計学 / Advanced Molecular Design
欧文冊子 ● Advanced Molecular Design / 分子設計学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 3.26, Max(EID) = 361611, Max(EOID) = 967818.