『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216856)

EID=216856EID:216856, Map:[2010/表面機能制御特論], LastModified:2010年11月29日(月) 20:12:49, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Materials Surface Performance Control (日) 表面機能制御特論 (読) ひょうめんきのうせいぎょとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.村上 理一
肩書 (任意):
[継承]
2.米倉 大介 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.生産工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.生産工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) The nano processing of the material surface in the atomic and molecular level is carried out by the surface modification methods such as PVD or CVD. The material surface nano processing to manifest the new performance in the material surface and its evaluation is explain in this lecture. The development of the new functional materials and the precept to its application are given.  (日) PVDあるいはCVDのような表面改質法を利用して原子分子レベルから材料表面をナノ加工することによって,材料表面に新しい機能を発現させる材料表面ナノ加工法およびその評価法について講義し,新しい機能性材料の開発および実用化に対する指針を付与する.   [継承]
概要 (必須): (英) In this lecture, the surface micro processing which manifests new performance on the surface of material by processed under the atom or molecule level is explained, and its evaluation also is mentioned. How to be invested the transparency, electrical and electronic properties, photocatalytic mateirials and gas barrier by PVD or CVD methods is explained. Then, the effects of surface modification on the mechanical properties such as fatigue, friction-wear and corrosion of materials are discussed and then its evaluation is mentioned.  (日) 原子·分子レベルから材料表面を加工して材料表面に新しい機能を発現させる表面マイクロ加工法およびその評価法について講義し,可視光透過率,電気特性,電磁波遮蔽特性,光触媒特性,ガスバリア性のような機能性に加えて,疲労特性,摩擦·摩耗特性,腐食特性のような機械的性質等に与える材料表面改質の影響およびその評価法について講述する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) surface modification (日) 表面改質 (読) [継承]
2. (英) PVD (日) PVD (読) [継承]
3. (英) CVD (日) CVD (読) [継承]
4. (英) functional thin film (日) 機能性薄膜 (読) [継承]
5. (英) surface engineering (日) 表面工学 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.ナノプロセッシング工学特論 ([2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士後期課程]]/->授業概要[2010/ナノプロセッシング工学特論])
関連度 (任意):
[継承]
2.結晶物性制御特論 ([2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士後期課程]]/->授業概要[2010/結晶物性制御特論])
関連度 (任意):
[継承]
3.マイクロ·ナノ工学 ([2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士後期課程]]/->授業概要[2010/マイクロ·ナノ工学])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) 特になし   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) Understanding of functional materials development  (日) 機能性材料の開発目的を理解する.  
[継承]
2.(英) Understanding of evaluation of material surface performance  (日) 材料表面の機能性の評価法を理解する.  
[継承]
3.(英) Understanding of nano processing  (日) ナノ加工法を理解する.  
[継承]
4.(英) Understanding of mechanical properties of functional materials  (日) 機能性材料表面の機械的性質を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Function of material surface  (日) 材料表面の機能性  
[継承]
2.(英) Nano processing of material surface  (日) 材料表面のナノ加工法  
[継承]
3.(英) Nano processing of material surface  (日) 材料表面のナノ加工法  
[継承]
4.(英) Nano processing of material surface  (日) 材料表面のナノ加工法  
[継承]
5.(英) Material surface modification by PVD and CVD  (日) PVDとCVDによる材料表面改質  
[継承]
6.(英) Material surface modification by PVD and CVD  (日) PVDとCVDによる材料表面改質  
[継承]
7.(英) Group discussion  (日) 材料表面改質に関するグループ討論  
[継承]
8.(英) Evaluation methods of material surface performance  (日) 材料表面機能の評価法  
[継承]
9.(英) Evaluation methods of material surface performance  (日) 材料表面機能の評価法  
[継承]
10.(英) Transparency  (日) 可視光透過率  
[継承]
11.(英) Electromagnetic wave shielding properties  (日) 電磁波遮蔽特性  
[継承]
12.(英) Electric properties  (日) 電気的特性  
[継承]
13.(英) Improvement of corrosive resistance  (日) 耐食性の改善法  
[継承]
14.(英) Improvement of friction and wear properties  (日) 摩擦摩耗特性の改善法  
[継承]
15.(英) Improvement of fatigue properties  (日) 疲労特性の改善法  
[継承]
16.(英) Group discussion  (日) 表面機能に関するグループ討論  
[継承]
評価 (必須): (英) Over 60% of group discussion, reports and Examination  (日) 到達目標の4項目がそれぞれ達成されているかをグループ討論,レポートおよび試験によって評価し,4項目平均で60%以上であれば合格とする.   [継承]
再評価 (必須): (英) Non  (日) なし   [継承]
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英) Prints  (日) プリント   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.村上 理一
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/表面機能制御特論)
            →閲覧 【授業概要】(2009/表面機能制御特論)
                →閲覧 【授業概要】(2008/表面機能制御特論)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/表面機能制御特論)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/表面機能制御特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/表面機能制御特論) 閲覧 【授業概要】(2011/表面機能制御特論) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 表面機能制御特論 / Materials Surface Performance Control
欧文冊子 ● Materials Surface Performance Control / 表面機能制御特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.36, Max(EID) = 378215, Max(EOID) = 1011923.