『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216807)

EID=216807EID:216807, Map:[2010/人間支援機器工学], LastModified:2010年11月22日(月) 16:23:30, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[エコシステム工学専攻]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Design of Assistive Products (日) 人間支援機器工学 (読) にんげんしえんききこうがく
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2011/[エコシステム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.藤澤 正一郎
肩書 (任意):
[継承]
2.佐藤 克也 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.知能機械学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.知能機械学講座])
肩書 (任意):
[継承]
3.伊藤 伸一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) It aims to learn how to realize and how to keep the quality of assistive products in the view point of international marketing and to acquire the ability of designing of products used at office, working place and home in which the concept of adapting the device to the human being is installed.  (日) 福祉用具を工業製品としてとらえて,福祉機器の設計や品質·信頼性の国際的な知見や流れについて理解し,生活や職場における機器設計が行える能力を身に付けることを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英) Assistive technology for daily living of persons with disabilities in the society. Human factors and R & D of assistive products and services. Adapting the environment to the people instead of the people adapting to the environment. Evaluation of appropriateness of assistive technology system for a person.  (日) 福祉技術をとりまく世界の状況や工業製品としての福祉用具のあり方,福祉用具の日本工業規格を紹介し,実際の生活や職場における環境整備について考える.本科目は,工業に関する科目である.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) assistive product (日) 福祉用具 (読) ふくしようぐ [継承]
2. (英) Japanese Industrial Standard (日) 日本工業規格 (読) にほんこうぎょうきかく [継承]
3. (英) International Standard (日) 国際標準規格 (読) こくさいきかく [継承]
4. (英) ISO (日) 国際標準化機構 (読) こくさいひょうじゅんかきこう [継承]
5. (英) outcome measure (日) 適合判定 (読) てきごうはんてい [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) Objective of this lecture is to understand the current state of assistive products in the world and international standard of them, and to learn designing of them. Moreover, it aimed to learn the method of outcome measure of assistive products and to be able to consider the total arrangement of products at working place and at home.  (日) 福祉機器をとりまく世界の状況を理解し,各種福祉用具の規格や設計について学ぶ.また,支援機器の評価方法を理解し,職場や生活環境における機器のあり方を考える力を身に付ける.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Introduction : assitive products as industrial products, ergonomic approach  (日) 導入:工業製品としての福祉用具,人間工学的アプローチ  
[継承]
2.(英) Situation of assistive technology in the world : North America, Europe and Japan  (日) 福祉技術をとりまく世界の状況:北米,欧州,日本  
[継承]
3.(英) Assitive products as industrial products : Japanese Standard, International Standard an Guidelines for all people including elderly and people with disabilities  (日) 工業製品としての福祉用具:国内規格,国際規格,高齢者·障害者配慮設計  
[継承]
4.(英) Human factors (1) : Decrease of physical function according to aging  (日) 人間の特性(1):加齢に伴う運動機能の低下  
[継承]
5.(英) Human factors (2) : Decrease of sensory function according to aging  (日) 人間の特性(2):加齢に伴う感覚機能の低下  
[継承]
6.(英) Japan Industrial Standards of Assistive Products : Wheelchair (1)  (日) 福祉用具の日本工業規格:車いす(1)  
[継承]
7.(英) Japan Industrial Standards of Assistive Products : Wheelchair (1)  (日) 福祉用具の日本工業規格:車いす(2)  
[継承]
8.(英) Japan Industrial Standards of Assistive Products : Artificial Legs  (日) 福祉用具の日本工業規格:義足  
[継承]
9.(英) Japan Industrial Standards of Assistive Products : Artificial Arms  (日) 福祉用具の日本工業規格:義手  
[継承]
10.(英) Japan Industrial Standards of Assistive Products : Beds  (日) 福祉用具の日本工業規格:ベッド  
[継承]
11.(英) Japan Industrial Standards of Assistive Products : Hoists  (日) 福祉用具の日本工業規格:介護リフト  
[継承]
12.(英) Personal environment control system : Smart House, ECS and Home bus system  (日) 環境制御システム:スマートハウス,ECS,ホーム·バス·システム  
[継承]
13.(英) Fitting of assistive products in daily living (1) : Methods of outcome measure  (日) 支援機器と利用環境のマッチング(1):各種の評価法  
[継承]
14.(英) Fitting of assistive products in daily living (2) : Methods of outcome measure  (日) 支援機器と利用環境のマッチング(2):各種の評価法  
[継承]
15.(英) Guideline for work place : Legislation and remodeling of work place  (日) 職場環境整備:制度,職場設計  
[継承]
評価 (必須): (英) Results will be evaluated through the lecture and reports submitted after each lesson.  (日) 授業内容とレポートにより評価する.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨): 1.(英) To be introduced in th class  (日) 授業中で紹介する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.藤澤 正一郎
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/人間支援機器工学)
            →閲覧 【授業概要】(2009/人間支援機器工学)
                →閲覧 【授業概要】(2008/人間支援機器工学)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/人間支援機器工学)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/人間支援機器工学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/人間支援機器工学) 閲覧 【授業概要】(2011/人間支援機器工学) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 人間支援機器工学 / Design of Assistive Products
欧文冊子 ● Design of Assistive Products / 人間支援機器工学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【担当授業】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.70, Max(EID) = 372230, Max(EOID) = 995038.