『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216806)

EID=216806EID:216806, Map:[2010/人間工学], LastModified:2011年2月4日(金) 21:11:49, Operator:[白田 智子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[博士後期課程運営委員会委員長]/[工学研究科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Human Factors (日) 人間工学 (読) にんげんこうがく
[継承]
形態 (推奨):
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
2.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
3.2011/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士後期課程] [継承]
4.2011/[環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士後期課程] [継承]
5.2011/[エコシステム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
6.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士後期課程] [継承]
7.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.知能情報システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
8.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.吉田 敦也
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) The objective of this class is to provide students with sufficiently thorough appreciation of the many facets of the human factors discipline so that they may make use of it to their own doctoral works.  (日) 本講義の目的は,人間工学の基本的考え方,最新の知見について学習し,博士課程での研究に役立てることである.   [継承]
概要 (必須): (英) This class offers a broad and comprehensive overview of the human factors/ergonomics discipline with four areas of emphasis, (1) historical review of human factors research, (2) human physical, perceptual and cognitive capabilities and limitations, (3) application of human factors research data in design, especially in the interface design of computer-based systems, and (4) discussion about the relationship between the designed system (technology) and people.  (日) 本講義では,人間工学(ヒューマンファクターズ/エルゴノミクス)の研究領域に関して以下の4つの点を中心に概観する.(1)人間工学研究のこれまでの歩みと成果,(2)人間の身体特性,知覚特性,認知特性,(3)人間工学における研究成果の設計への応用,特にコンピュータ関連システムの設計への応用,(4)人工物(技術)と人間との関係についての考察.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英) What is Human Factors  (日) 人間工学とは  
[継承]
2.(英) Historical Overview of Human Factors  (日) 人間工学の歩み  
[継承]
3.(英) Multi-Disciplinary Aspect of Human Factors  (日) 複合科学としての人間工学  
[継承]
4.(英) Health and Safty Issue of Human Factors  (日) 安全人間工学  
[継承]
5.(英) Human Psychological Capability  (日) 人間の心理特性  
[継承]
6.(英) Task Analysis  (日) タスク分析  
[継承]
7.(英) Human Error  (日) ヒューマンエラー  
[継承]
8.(英) Universal Design  (日) ユニバーサルデザイン  
[継承]
9.(英) Cognitive Artifact  (日) 認知的人工物  
[継承]
10.(英) Visibility and Affordance  (日) アフォーダンス  
[継承]
11.(英) Human-Computer Interaction  (日) ヒューマン·コンピュータインタラクション  
[継承]
12.(英) Human Information Processing  (日) 人間の情報処理過程  
[継承]
13.(英) Knowledge and Mental Model  (日) 知識とメンタルモデル  
[継承]
14.(英) Usability Paradigms and Principles  (日) ユーザビリティという考え方  
[継承]
15.(英) Evaluation and Testing  (日) 評価とテスト  
[継承]
16.(英) Making system that makes us smart  (日) 人を賢くするモノづくり  
[継承]
評価 (必須):
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.吉田 敦也
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/人間工学)
            →閲覧 【授業概要】(2009/人間工学)
                →閲覧 【授業概要】(2008/人間工学)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/人間工学)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/人間工学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/人間工学) 閲覧 【授業概要】(2011/人間工学) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 人間工学 / Human Factors
欧文冊子 ● Human Factors / 人間工学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(8) 閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 8, LA = 0.48, Max(EID) = 361932, Max(EOID) = 968397.