『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216740)

EID=216740EID:216740, Map:[2010/生命科学], LastModified:2011年1月6日(木) 17:29:01, Operator:[勢川 智美], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[博士後期課程運営委員会委員長]/[工学研究科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Life Science (日) 生命科学 (読) せいめいかがく
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
2.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
3.2011/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士後期課程] [継承]
4.2011/[環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士後期課程] [継承]
5.2011/[エコシステム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
6.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士後期課程] [継承]
7.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.知能情報システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
8.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.高木 博史 ([福井県立大学])
肩書 (任意):
[継承]
2.辻 明彦
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) Understanding of significance of protein in biotechnology  (日) バイオテクノロジーにおける蛋白質の重要性について理解させる   [継承]
概要 (必須): (英) Basics of structure, function and application of protein are introduced  (日) 蛋白質の構造,機能,応用の基礎について概説する   [継承]
キーワード (推奨): 1.蛋白質 (protein/->キーワード[タンパク質]) [継承]
2.酵素 (enzyme) [継承]
3.生命工学 (biotechnology) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) Understanding of multiple functions of proteins  (日) 蛋白質の多様な機能の理解  
[継承]
2.(英) Understanding of principle of protein engineering and its application  (日) 蛋白質工学の原理と応用の理解  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Introduction of life science  (日) 生命科学序論  
[継承]
2.(英) History of life science  (日) 生命科学の歴史  
[継承]
3.(英) Structure and function of DNA and RNA  (日) DNA, RNAの構造と機能  
[継承]
4.(英) mRNA is a template of protein  (日) mRNAは蛋白質の設計図である  
[継承]
5.(英) Duplication of DNA  (日) DNAの複製  
[継承]
6.(英) Regulation of protein expression  (日) 蛋白質の発現調節  
[継承]
7.(英) Human Genetics  (日) ヒトの遺伝  
[継承]
8.(英) Genetic disease  (日) 遺伝病  
[継承]
9.(英) DNA diagnosis  (日) DNA診断  
[継承]
10.(英) Structure and function of protein  (日) 蛋白質の構造と機能  
[継承]
11.(英) Principle of gene technology (1)  (日) 遺伝子工学の原理(1)  
[継承]
12.(英) Principle of gene technology (2)  (日) 遺伝子工学の原理(2)  
[継承]
13.(英) Protein engineering  (日) 蛋白工学  
[継承]
14.(英) Future of life science (1)  (日) 生命科学の将来(1)  
[継承]
15.(英) Future of life science (2)  (日) 生命科学の将来(2)  
[継承]
16.(英) Preparation of report  (日) レポート作成  
[継承]
評価 (必須): (英) Evaluation by report  (日) レポートで評価する   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英) To be introduced in the class  (日) 授業中に紹介   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) To be introduced in the class  (日) 授業中に紹介   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.辻 明彦
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英) When you take this class, it is necessary to do preparation for 2h and review for 2h everry 2h class for your understanding and taking credit.  (日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をしたうえで授業を受けることが授業の理解と単位取得のために必要である.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/生命科学)
            →閲覧 【授業概要】(2009/生命科学)
                →閲覧 【授業概要】(2008/生命科学)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/生命科学)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/生命科学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/生命科学) 閲覧 【授業概要】(2011/生命科学) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 生命科学 / Life Science
欧文冊子 ● Life Science / 生命科学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(8) 閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 1, LA = 0.53, Max(EID) = 361922, Max(EOID) = 968357.