『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216693)

EID=216693EID:216693, Map:[2010/社会リスク工学特論], LastModified:2010年12月28日(火) 11:43:22, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Lecture in Social Risk Engineering (日) 社会リスク工学特論 (読) しゃかいりすくこうがくとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義形式とポートフォーリオ形式の併用 [継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.エコシステム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.上月 康則 (徳島大学.環境防災研究センター.教授/徳島大学.環境防災研究センター.センター長)
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) To understand concept of risk, to cultivate ability of measures how to reduce , avoid, compensate for various risiks. the reducing, the evading of the risk, the compensation for it.  (日) リスクの概念を理解し,社会におけるさまざまなリスクについて,リスクの軽減,未然防止,回避·避難,補償などの対応策を構想,評価しうる能力を修得させる.   [継承]
概要 (必須): (英) Technique of risk assessment and its comunication for various social risiks on risk manegement is lecterd.  (日) 専門領域の異なる院生に対して,リスクの概念の理解,各専門領域におけるリスクの構造的把握,リスクアセスメント,リスクコミュニケーションを図りながら,リスクの軽減,未然防止,回避·避難,補償などの対応策について考える. 集中講義と各院生の専門性を考慮した課題を与え,討議する.」   [継承]
キーワード (推奨): 1.社会リスク (social risks) [継承]
2.リスクマネジメント (risk management) [継承]
3.クライシスマネジメント (crisis management) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) To obtain the knowledge of risk management and application method of various social risks.  (日) 社会リスクの対応に必要な高度な専門的知識や技術を修得し,それに対応できる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Guidance and purpose of this subject  (日) ガイダンス;社会リスク工学特論の進め方  
[継承]
2.(英) Sources of various social risks  (日) さまざまなリスクの源泉  
[継承]
3.(英) Evaluation of social risk(1)  (日) リスクの影響の把握と評価(その1)  
[継承]
4.(英) Evaluation of social risk(2)  (日) リスクの影響の把握と評価(その2)  
[継承]
5.(英) Risk manegement (1.risik perception)  (日) リスクマネジメント(その1:リスクパーセセプション)  
[継承]
6.(英) Risk manegement(2.risik communication)  (日) リスクマネジメント(その2:リスクコミュニケーション)  
[継承]
7.(英) Risk manegement(3.evaluation standard)  (日) リスクマネジメント(その3:評価基準)  
[継承]
8.(英) Example of risik manegement(1.evacuation for natural disaster)  (日) リスクマネジメントの事例(その1:自然災害時の避難行動)  
[継承]
9.(英) Example of risik manegement(2.evacuation for natural disaster)  (日) リスクマネジメントの事例(その2:自然災害時の避難行動)  
[継承]
10.(英) Example of risik manegement(3.evacuation for natural disaster)  (日) リスクマネジメントの事例(その3:自然災害時の避難行動))  
[継承]
11.(英) Example of risik manegement(4.avoidance of risik and insurerance)  (日) リスクマネジメントの事例(その4:リスク回避と保険)  
[継承]
12.(英) Presentaion and discusion for social risk(1)  (日) 受講者の専門性を活かした課題に関する発表と討議(その1)  
[継承]
13.(英) Presentaion and discusion for social risk(2)  (日) 受講者の専門性を活かした課題に関する発表と討議(その2)  
[継承]
14.(英) Presentaion and discusion for social risk(3)  (日) 受講者の専門性を活かした課題に関する発表と討議(その3)  
[継承]
15.(英) Summary  (日) 総括  
[継承]
評価 (必須): (英) Assignments Count 100%  (日) 講義時に課すレポートで評価   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): (英) To be limited to the students of the course  (日) 開講コースの学生の履修可能   [継承]
教科書 (必須): 1.(英) To be introduced in the class  (日) 講義時に紹介   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) To be intrroduced in the class  (日) 講義時に紹介   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.上月 康則 (徳島大学.環境防災研究センター.教授/徳島大学.環境防災研究センター.センター長)
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/社会リスク工学特論)
            →閲覧 【授業概要】(2009/社会リスク工学特論)
                →閲覧 【授業概要】(2008/社会リスク工学特論)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/社会リスク工学特論)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/社会リスク工学特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/社会リスク工学特論) 閲覧 【授業概要】(2011/社会リスク工学特論) 閲覧 【授業概要】(2011/社会リスク工学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 社会リスク工学特論 / Advanced Lecture in Social Risk Engineering
欧文冊子 ● Advanced Lecture in Social Risk Engineering / 社会リスク工学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(3)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 1, LA = 0.97, Max(EID) = 376472, Max(EOID) = 1008255.