『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216679)

EID=216679EID:216679, Map:[2010/資源化技術論], LastModified:2011年2月6日(日) 15:11:08, Operator:[白田 智子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[エコシステム工学専攻]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Chemistry and Technology for Recovery of Marine Resources (日) 資源化技術論 (読) しげんかぎじゅつろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2011/[エコシステム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.廣津 孝弘
肩書 (任意):
[継承]
2.槇田 洋二
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) This class describes the recovery of valuable elements in seawater that have not been utilized.  (日) 海洋の有用資源について概説,その回収技術及び利用技術について講述する.   [継承]
概要 (必須): (英) This class describes the advanced technology of recovery of valuable elements such as uranium and lithium in sewater and the remained subjects for practical use.  (日) 海水中のウラン,リチウム等,有用資源の回収技術の現状とこれからの課題について,我々が進めてきた研究を中心に概説する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.海水 (seawater) [継承]
2.希少資源 (rare resources) [継承]
3.回収 (recovery) [継承]
4.ウラン (uranium) [継承]
5.リチウム (lithium) [継承]
6.吸着 (adsorption) [継承]
7.イオン交換 (ion exchange) [継承]
8. (英) chelation (日) キレート (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) understanding of the technology of recovery of valuable resources from seawater  (日) 海水希少資源回収技術開発とその意義を理解させること.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Importance of recovery of valuable resources from seawater  (日) 海洋資源採取の意義  
[継承]
2.(英) Inorganic resources in seawater  (日) 海洋中の溶存資源  
[継承]
3.(英) Recovery methods of valuable resources in seawater 1  (日) 海洋中希少資源の回収技術1  
[継承]
4.(英) Recovery methods of valuable resources in seawater 2  (日) 海洋中希少資源の回収技術2  
[継承]
5.(英) Adsorption method 1  (日) 吸着法1  
[継承]
6.(英) Adsorption method 2  (日) 吸着法2  
[継承]
7.(英) Development of adsorbents 1: ion-exchangers  (日) 吸着剤の開発1:イオン交換体  
[継承]
8.(英) Development of adsorbents 2: ion-exchangers  (日) 吸着剤の開発2:イオン交換体  
[継承]
9.(英) Development of adsorbents 3: chelating resins  (日) 吸着剤の開発3:キレート吸着体  
[継承]
10.(英) Development of adsorbents 4: chelating resins  (日) 吸着剤の開発4:キレート吸着体  
[継承]
11.(英) Mechanism of ion-exchange of lithium ions  (日) リチウムイオン交換機構  
[継承]
12.(英) Recovery process of lithium from seawater  (日) リチウム回収プロセス  
[継承]
13.(英) Mechanism of uptake of uranium  (日) ウラン捕捉機構  
[継承]
14.(英) Recovery process of uranium  (日) ウラン回収プロセス  
[継承]
15.(英) Recovery costs of uranium and lithium  (日) 希少資源の回収コスト  
[継承]
16.(英) Perspective of recovery of uranium and lithium from seater  (日) 海水希少資源回収の展望  
[継承]
評価 (必須): (英) Evaluation of the degree of understanding by report of some essential subjects  (日) レポートにより理解度を評価する.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 他学科,他学部学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.廣津 孝弘
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 産業技術総合研究所, 087-869-3562, takahiro-hirotsu@aist.go.jp   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/資源化技術論)
            →閲覧 【授業概要】(2009/資源化技術論)
                →閲覧 【授業概要】(2008/資源化技術論)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/資源化技術論)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/資源化技術論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/資源化技術論) 閲覧 【授業概要】(2011/資源化技術論) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 資源化技術論 / Chemistry and Technology for Recovery of Marine Resources
欧文冊子 ● Chemistry and Technology for Recovery of Marine Resources / 資源化技術論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.74, Max(EID) = 372230, Max(EOID) = 995038.